EUで勢力を伸ばす「ポピュリズム政党」・・・その理由とは?②

前回に引き続き、EUで「ポピュリズム政党」が勢力を伸ばした理由を説明します。今回は、緊縮財政や移民による影響をより詳しく解説します。※本連載は、ロンドン在住の個人投資家として活躍する松崎美子氏の著書『ずっと稼げるロンドンFX(ファンダメンタルズ取引の実践テクニック)』(自由国民社)から一部を抜粋し、為替相場を動かす要素について、いま旬の「6つのテーマ」とともに見ていきましょう。

反緊縮財政、反グローバリズム、反EU、反移民・・・

前回の続きです。なぜポピュリズム政党が台頭したのか、政治的立場がバラバラな彼らがなぜ「ポピュリズム政党」として一括りにされるのか、その流れを振り返ってみます。

 

ポピュリズム政党台頭の発端は、先に述べたように緊縮財政でした。EU諸国には毎年、欧州委員会への予算案提出が義務づけられています。欧州委員会は予算案を審議し、財政赤字がGDP比3%を超えているような場合は突き返します。非常に厳しい審査でしたが、2013年から甘くなってきました。

 

フランスやイタリア、スペインの予算案が突き返されたのですが、しかし、この3か国は予算案の修正を拒否しました。

 

「財政収支黒字化の達成年度が遅れてもいいから、これ以上の緊縮財政は拒否する」というわけです。ポピュリズム政党は緊縮財政へのアンチとしてこの時期に支持を集めました。最終的に、これ以降、欧州委員会は緊縮ペースをゆるめ、経済成長を促す路線へと徐々に変更していくことになります。

 

ポピュリズム政党の台頭に歯止めがかかるか、と思いきや、次に浮上したのは難民問題です。今度は反EU、EU懐疑派ではなく、移民や難民への厳しい政策を訴えることでポピュリズム政党がさらに支持率を高めていくことになります(以下の図表を参照)。

 

[図表]EUはさまざまな問題を抱えている

 

2016年にはブレグジット、トランプ当選という2つのサプライズが起きましたが、難民問題も徐々に縮小へと向かい、2017年には世界景気が改善され、ヨーロッパの経済も目に見えて回復が確認できるまでになっています。

 

マクロン勝利で、極右政党躍進に歯止めはかかるか?

結果としてフランス大統領選挙では、国民戦線のルペン候補が決選投票まで進んだものの、中道路線のマクロン候補に大敗を喫しました。

 

このマクロン大統領の誕生は、仕組まれたものという声もあります。それは、フランスの2大政党制が崩れかかってきた数年前、政界では「出来るだけ若くフレッシュな印象を持つ国民受けする新しい政治家が必要だ」という結論に達したそうです。

 

この「国民受けする政治家」候補は、フランスのエリート養成所として知られるグランゼコール、その中でもとくに超エリート官僚を養成することで有名なフランス国立行政学院(ENA)卒でなければなりません。

 

そこで白羽の矢が立ったのがマクロン氏でした。そこからは将来の大統領候補として、オランド政権で経済相に抜擢され、きちんと経験を積んで大統領選出馬となったわけです。

 

しかし、若くてイケメンな大統領誕生の裏には、隠されたメッセージがあります。それは、第1回投票で反EUのルペン/メランション両候補が、合わせて約41%の得票率を得たことでした。4人に1人が棄権したことを考え合わせれば、フランス国民全員がマクロン勝利を祝っているとも言い切れません。

 

ここからは新大統領の下、ドイツとともにEU統合の深化を指揮するフランス。果たして2022年大統領選でも、マクロン大統領は再選されるのか? ルペン大統領誕生の可能性はゼロになったわけではないといわれているだけに興味深いですね。

個人投資家

スイス銀行東京支店でディーラーアシスタントとして入行する。その後、結婚のため渡英。バークレイズ銀行本店ディーリングルームに勤務し、日本人初のFXオプション・セールスとなる。1997年に米投資銀行メリルリンチ・ロンドン支店でFXオプション・セールスを務め、2000年に退職、数年後より個人投資家として為替と株式指数を取引。2007年春からブログ、2012年からセミナー、コラムを通じてロンドン/欧州直送の情報を発信中。2017年よりFX情報をYoutubeでも配信開始。著書:松崎美子のロンドンFX、ずっと稼げるロンドンFX(共に、自由国民社)

著者紹介

連載為替相場を大きく動かす要素とは?~いま旬の「6つのテーマ」を検証

本書はFX(外国為替証拠金取引)の概要および投資の参考情報の提供を目的にしたものです。本書の内容に関しては万全を期すよう注意を払いましたが、それを保証するものではありません。本書の情報を利用した結果生じたいかなる損害、損失についても、著者、出版社および本書制作の関係者は一切の責任を負いません。投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

 

 

ずっと稼げるロンドンFX(ファンダメンタルズ取引の実践テクニック)

ずっと稼げるロンドンFX(ファンダメンタルズ取引の実践テクニック)

松崎 美子

自由国民社

買い・売りをコロコロ変える、行き当たりばったりの短期トレードでは儲けられない! 中長期のトレンドに乗る「ファンダメンタルズ取引」こそ、効率よく大きく稼げる。 ■ファンダ分析で、「買い通貨」と「売り通貨」を決めて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧