EU離脱を選択した英国・・・離脱交渉と国内問題の行方は?

今回は、EU離脱を選択した英国の行方を探ります。※本連載は、ロンドン在住の個人投資家として活躍する松崎美子氏の著書『ずっと稼げるロンドンFX(ファンダメンタルズ取引の実践テクニック)』(自由国民社)から一部を抜粋し、為替相場を動かす要素について、いま旬の「6つのテーマ」とともに見ていきましょう。

厳しい展開が予想される離脱交渉…ポンドへの影響も大

「No deal is better than a bad deal」

 

メイ英首相の話題となった発言です。直訳すれば「ひどい取引をするくらいなら、何もしないほうがマシ!」といった意味でしょうか。

 

2017年3月、ブレグジットを正式に通告したことで、イギリスはこれからEUと離脱条件の交渉に入ります。交渉期間は2年間。先ほどのメイ発言は、ハードとなるであろう交渉へ向けたメイ首相の決意を示しています。意訳すれば「2年の交渉期間中、EU側に有利な条件で妥協させられるくらいならば、何の合意もない白紙の状態のほうがマシだ」といったことになります。

 

この考え方には議会でも賛否両論がうずまきました。賛成派の言い分は、「EUが無理難題をつきつけるなら突き返せ、白紙でいい」というものです。反対派は「白紙で離脱すれば、貿易のみならず金融や労働などあらゆる分野でパニックが起きる」というものです。

 

2017年から2年間続く交渉は、イギリスにとって厳しいものになるでしょう。漏れ伝わる交渉の様子が、英ポンドを動かす材料となってくることは間違いありません。

移民は制限したいが、EU単一市場には残りたいのが本音

そんなイギリスですが、内憂外患のごとく内部にも火種を抱えています。それはスコットランドです。

 

ことの発端を説明するには、「シングル・マーケット」についてご理解いただく必要がありますが、日本ではあまり耳にしない言葉かもしれません。EU加盟国間ではあたかも1つの市場のように、人・物・お金・サービスが自由に移動することができます。これがシングル・マーケット(EU単一市場)です。

 

国民投票はEUからの離脱を問うものであり、EU単一市場を抜けるか否かについての説明はありませんでした。そのため、ブレグジット決定後、英議会は移民の制限を優先したため議論が起きました。

 

移民、すなわち「人の移動の自由に制限を課す」ということは大きな意味を持ちます。人・物・お金・サービスの「4つすべての移動の自由が無条件に保証される」のがシングル・マーケットですから、移民の制限はすなわち「シングル・マーケットからの離脱」を意味することになるのです。

あなたにオススメのセミナー

    個人投資家

    スイス銀行東京支店でディーラーアシスタントとして入行する。その後、結婚のため渡英。バークレイズ銀行本店ディーリングルームに勤務し、日本人初のFXオプション・セールスとなる。1997年に米投資銀行メリルリンチ・ロンドン支店でFXオプション・セールスを務め、2000年に退職、数年後より個人投資家として為替と株式指数を取引。2007年春からブログ、2012年からセミナー、コラムを通じてロンドン/欧州直送の情報を発信中。2017年よりFX情報をYoutubeでも配信開始。著書:松崎美子のロンドンFX、ずっと稼げるロンドンFX(共に、自由国民社)

    著者紹介

    連載為替相場を大きく動かす要素とは?~いま旬の「6つのテーマ」を検証

    本書はFX(外国為替証拠金取引)の概要および投資の参考情報の提供を目的にしたものです。本書の内容に関しては万全を期すよう注意を払いましたが、それを保証するものではありません。本書の情報を利用した結果生じたいかなる損害、損失についても、著者、出版社および本書制作の関係者は一切の責任を負いません。投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

    ずっと稼げるロンドンFX(ファンダメンタルズ取引の実践テクニック)

    ずっと稼げるロンドンFX(ファンダメンタルズ取引の実践テクニック)

    松崎 美子

    自由国民社

    買い・売りをコロコロ変える、行き当たりばったりの短期トレードでは儲けられない! 中長期のトレンドに乗る「ファンダメンタルズ取引」こそ、効率よく大きく稼げる。 ■ファンダ分析で、「買い通貨」と「売り通貨」を決め…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ