▲トップへ戻る
「シニア人材」の魅力⑤――即戦力となりうる人材の多さ

前回に引き続き、シニア人材の魅力について、より具体的に見ていきましょう。今回は、「即戦力となりうる人材が多い」という利点について説明します。

既に「ビジネスのルール」を身につけているシニア人材

シニア人材の場合、基本的に何十年もサラリーマン生活をしてきた人ばかりですから、基本的なビジネスのルールやマナーは身についています。

 

大企業の新入社員なら、たいていは入社後1〜2カ月以上は研修の期間に当てられます。その後も、先輩社員に同行してOJTで教育を受けたり、長いローテーションを組んでさまざまな部署を回ったりして、数カ月〜2年くらい経ってようやく独り立ちとなります。研修の期間中、企業は将来を担う人材を育てるための投資として給与を支払うわけです。

 

その点、シニア人材は出社した当日からすぐに仕事に取りかかってもらえるというのがメリットです。場合によっては、経営者がシニア人材から教えられることもあるくらいです。

 

あいさつや電話の取り方から教えなければならない新入社員と違って、特別な教育は必要ないのが一般的ですから、即戦力として現場に投入することができます。そのため、研修費用も研修期間の給与というコストもかかりません。

「マネジメント力」に優れた人材が多い点も魅力

さらに、中小企業にとっては採用が難しかったハイスペックな人材を採用できるチャンスでもあります。

 

また、マネジメント力に優れた人材が多いのもシニア世代の特長です。マネジメント力のある人材を育てるには、時間がかかるのは言うまでもありません。

基金運営研究所株式会社 代表
一般社団法人年金基金運営相談センター 理事長
株式会社CN総合コンサルティング 代表
 

1973年に慶應義塾大学を卒業後、都市銀行に入行。不動産や企業年金等幅広い業務に従事し、業績向上に貢献する。54歳で関連会社に転籍、定年退職まで勤め上げる。2008年、61歳で起業。基金運営研究所株式会社を設立する。2012年には一般社団法人年金基金運営相談センター理事長に就任。企業年金のコンサルティングを行うかたわら、不動産や保険代理、投資家に対する運用商品の紹介、相続対策、M&A等へと事業を拡大し、2013年に株式会社CN総合コンサルティングを設立。各分野の専門知識をもった22名の定年後シニア人材を雇用、戦力化し、黒字経営を続けている。義理人形を重視した誠実な仕事が支持されており、数十年来の取引先も多い。モットーは「生涯現役」。

著者紹介

連載豊富な知識、経験・・・日本企業を救う「シニア人材」

本連載は、2017年5月29日刊行の書籍『シニア人材という希望』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

シニア人材という希望

シニア人材という希望

中原 千明

幻冬舎メディアコンサルティング

超高齢社会の到来とともに、日本人の働き方は大きく変わる――。 都市銀行でマネジメント職を歴任。 定年後に起業し、多数のシニア人材を雇用する経営者が語る“新しい労働の在り方"とは? 2013年4月1日、高年齢者雇用安定法が…

 

生命保険活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

生命保険を活用した相続対策&事業承継対策

~実践編

講師 吉永秀史氏
日時 2018年10月23日(火)
内容

※本セミナーでは、銀行や証券会社、店舗型保険代理店、一社専属代理店、

また医師会やMR出身の保険代理店などからは提供されない情報を多数ご用意しております。

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧