▲トップへ戻る
「シニア人材の雇用」で起きやすいトラブルとは?③

前回に引き続き、「シニア人材の雇用」で起きやすいトラブルについて見ていきましょう。今回は、「社会・環境の変化」に関連したトラブルを紹介します。

スマホなど、新しい機械に慣れるまで時間がかかる

前回の続きです。

 

シニア人材の問題点(3)社会・環境の変化に対応しにくい

 

社会情勢や環境の変化に適応するのが苦手というのもシニア人材の弱みです。特に今は目まぐるしく社会情勢が変わり、新しい技術が次々に誕生するので、シニア世代はついていくのが大変です。

 

私もあまり得意ではないのですが、シニア人材は、パソコンやタブレット端末、スマートフォンなど新しい機械やシステムに慣れるまで時間がかかります。新しいことを学習する能力は年齢とともに衰えてくる部分ですから、若い人より適応するまでに時間がかかることは否めません。

 

また、SNSなど過去にはなかったツールに対する理解や経験が浅いこともシニア人材の弱みです。

 

しかし、このような技術の問題は、さらに新しい技術が生まれれば意外と簡単に解決してくれますから、実はあまり気にしなくていいのではないかと思います。

 

今は、非常に複雑に見えることも、将来は子供から高齢者までが何も考えなくてもできるようになると推測できます。例えば、かつてパソコンはマニアだけが使える特別な機械でしたが、今は特別な知識がなくても誰もが使えるようになりました。

 

現在、最も煩雑といわれているコンビニ店員の仕事では、レジ打ち以外に、宅急便の受付やコンサートチケットの発行、通販や公共料金支払いの対応などのほか、掃除や品出し、ゴミ捨て、賞味期限切れ商品のチェックなど、非常に多種多様な業務をこなさなければなりません。

 

したがって、シニア世代が働くにはなかなかハードルが高いといわれています。しかし、これもPOSレジやセンサーの技術革新によって徐々に単純化されるでしょう。いずれシニア世代も楽々働けるようになると考えられます。

経験のない仕事に「尻込み」してしまうケースも

また、経験のない仕事に対して尻込みをするのもシニア人材の弱みです。転職の経験がなく、一つの会社でその道一筋で仕事をしてきた人は、経験のないような仕事をやってもらおうとするとたいていは尻込みします。

 

歳をとると、人間は案外臆病になるものです。若いうちは臆病ではなかった人もそうなります。「嫌だ、嫌だ」と言いながらも、きちんと勉強をしてもらえばできるようになるのですが、そこに至るまでには周囲からのサポートが必要です。

 

「俺は、なんでもできた」「俺は会社でトップだった」と言う人ほど、違う仕事をやってもらうとうまくいかなかったりするものです。

 

相撲を例にすると、押し相撲の強い人は変化に弱かったりするので、ちょっと変化をつけて攻められると、格下を相手にしてもぱたんと倒れて負けてしまうことがあります。相撲に四十八手があるように、相手によっては押したり引いたりできるほうが勝てるわけです。

 

もともと柔軟性のなかったシニア人材が、柔軟に対応できるようになるのは難しいと思いますが、それでも根気よく周りがサポートしていけば、変われる可能性はあります。

 

聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生は、100歳からフェイスブックを始めました。それをシニア人材に伝えたら、人は何歳からでも新しいことに挑戦できるのだと気づいてもらえるのではないでしょうか。

 

この話は次回に続きます。

基金運営研究所株式会社 代表
一般社団法人年金基金運営相談センター 理事長
株式会社CN総合コンサルティング 代表
 

1973年に慶應義塾大学を卒業後、都市銀行に入行。不動産や企業年金等幅広い業務に従事し、業績向上に貢献する。54歳で関連会社に転籍、定年退職まで勤め上げる。2008年、61歳で起業。基金運営研究所株式会社を設立する。2012年には一般社団法人年金基金運営相談センター理事長に就任。企業年金のコンサルティングを行うかたわら、不動産や保険代理、投資家に対する運用商品の紹介、相続対策、M&A等へと事業を拡大し、2013年に株式会社CN総合コンサルティングを設立。各分野の専門知識をもった22名の定年後シニア人材を雇用、戦力化し、黒字経営を続けている。義理人形を重視した誠実な仕事が支持されており、数十年来の取引先も多い。モットーは「生涯現役」。

著者紹介

連載豊富な知識、経験・・・日本企業を救う「シニア人材」

本連載は、2017年5月29日刊行の書籍『シニア人材という希望』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

シニア人材という希望

シニア人材という希望

中原 千明

幻冬舎メディアコンサルティング

超高齢社会の到来とともに、日本人の働き方は大きく変わる――。 都市銀行でマネジメント職を歴任。 定年後に起業し、多数のシニア人材を雇用する経営者が語る“新しい労働の在り方"とは? 2013年4月1日、高年齢者雇用安定法が…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧