▲トップへ戻る
「60歳=シニア」でいいのか? 経営者目線での人材活用術

前回は、「シニア人材の雇用」で起きやすいトラブルについて説明しました。今回は、「シニア」や「シルバー」とされる人材の活用術を見ていきます。

「シニア」と呼ばれることに抵抗を示す人は多い

国連の世界保健機関(WHO)の定義では、65歳以上の人を「高齢者」としていますが、日本の改定高年齢者雇用安定法では55歳以上が「高年齢者」とされています。55歳なんて、まだバリバリの現役世代でしょう。

 

2013年にビデオリサーチが行った調査によると「シニア」という呼び方が連想させる年齢は60歳前後、「シルバー」はさらに上の67〜68歳という結果になっています。しかし、同じ調査で「シニアと呼ばれることに抵抗がある」と回答した人は、60代前半で55%、60代後半でも42.1%とあまり歓迎されていないことがうかがえます。

 

私も「シニア」「シルバー」という呼び方には、やはり抵抗を感じています。「シニア人材」「シルバー人材」というだけで、どうも枯れたようなイメージがついて回るため、採用する側もされる側もいい印象を持てないように思うからです。

 

今後、もっとイメージが良い新しい呼び方が定着すれば、50代、60代の仕事事情も変わってくるのではないかと思います。

年齢の壁をなくし、平等に評価されることが理想

同じような理由で「第二の人生」というとらえ方も、シニア世代の活躍の障害になります。「第二の人生」というと、若いときが「主」で、そのあとが「従」であるような感じがします。だから、私は「現役時代」という言葉も実は嫌いです。働いている限り、70代でも80代でもずっと現役でいられるはずです。

 

第二の人生と考えると、どうしても「あの時はこうだった」「こんなふうに輝いていた」と過去の栄光を懐かしく語ることが多くなります。過去を振り返ってばかりいては、前を向いて歩いていないということになるでしょう。

 

しかし、過去はもう戻ってきません。第二の人生と区切りをつけるよりは、「ずっと今の人生が一番」と常に考えられるような状況のほうが、最後の最後まで幸せな人生を送れるはずです。

 

私は、たとえ若くなくても、世の中の役に立つ仕事をするべきだと思っています。やはり、大義や志を持って臨むことが大事です。

 

私自身、たとえ報酬は安くても「充実感がある」「ああ、良かったな」と思える仕事がしたいと思いますし、その点は多くの人に共感してもらえるでしょう。

 

当社が専門知識・技術、資格などを活かせる人に採用を特化しているのは、それが世の中のためになることを期待しているからです。フルタイム、パートタイムなど働き方は違っても、同じように充実感や満足感を得ることはできますし、社会に貢献することもできます。そのための場所を用意するのが経営者の役目でしょう。

 

年齢の壁をなくして、20〜30代も、50〜60代も、もっといえば70代や80代も同じように活躍し、評価される社会になることが望ましいと思います。そのためにも、「シニア」「現役」といった分け方をなくして、「現役」という表現だけになる日が訪れることを願ってやみません。

基金運営研究所株式会社 代表
一般社団法人年金基金運営相談センター 理事長
株式会社CN総合コンサルティング 代表
 

1973年に慶應義塾大学を卒業後、都市銀行に入行。不動産や企業年金等幅広い業務に従事し、業績向上に貢献する。54歳で関連会社に転籍、定年退職まで勤め上げる。2008年、61歳で起業。基金運営研究所株式会社を設立する。2012年には一般社団法人年金基金運営相談センター理事長に就任。企業年金のコンサルティングを行うかたわら、不動産や保険代理、投資家に対する運用商品の紹介、相続対策、M&A等へと事業を拡大し、2013年に株式会社CN総合コンサルティングを設立。各分野の専門知識をもった22名の定年後シニア人材を雇用、戦力化し、黒字経営を続けている。義理人形を重視した誠実な仕事が支持されており、数十年来の取引先も多い。モットーは「生涯現役」。

著者紹介

連載豊富な知識、経験・・・日本企業を救う「シニア人材」

本連載は、2017年5月29日刊行の書籍『シニア人材という希望』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

シニア人材という希望

シニア人材という希望

中原 千明

幻冬舎メディアコンサルティング

超高齢社会の到来とともに、日本人の働き方は大きく変わる――。 都市銀行でマネジメント職を歴任。 定年後に起業し、多数のシニア人材を雇用する経営者が語る“新しい労働の在り方"とは? 2013年4月1日、高年齢者雇用安定法が…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧