赤字になるラインは? 経営分析に不可欠な「3つの数字」

今回は、経営分析に不可欠な「3つの数字」について見ていきます。※本連載は、税理士法人古田土会計の代表で、公認会計士・税理士の古田圡満氏の著書、『経営計画は利益を最初に決めなさい!」(あさ出版)の中から一部を抜粋し、社長自らが経営計画を作る重要性と具体的な経営計画の作成方法を紹介します。

赤字となるラインがわかる「損益分岐点」

前回の続きです。

 

作り変えた損益計算書をさらにわかりやすく下記の図表にしてみます。そこで把握すべき数字は3つ、①売上高②粗利益③経常利益です。これは常に頭の中に入れておいてください。経営するうえで絶対必須の数字です。

 

上記の3つの数字を把握したうえで、チェックすることは「損益分岐点」「労働分配率」「一人当たり生産性」です。

 

 

■「損益分岐点」を把握する──赤字になるデッドライン

 

経常利益がゼロの時の売上は、現状売上高の何%のところにあるかを知ることが経営チェックをするうえで大事なことです。それは売上高があと何%下がったら赤字であるかを意味します。

 

[計算方法]固定費 ÷ 粗利益」で損益分岐点比率を求めます。

 

次回出てくる損益計算書で利益を出す際の例では「 40(固定費)÷ 50(粗利益)= 0.8 」で損益分岐点比率は80%です。単純に売上にこの比率を掛け算すれば、損益分岐点売上高が求められます。ここでは「 100 × 0.8 = 80 」となります。売上高が今より20%以上下がると赤字ということがわかるのです。

「労働分配率」「一人当たり生産性」の考え方

■「労働分配率」を認識する――生産性のみならず事業経営効率を見る

 

労働分配率とは粗利益に占める人件費の割合をいいます。

 

[計算方法]「人件費 ÷ 粗利益」で求められます。

 

次回の損益計算書から利益を出す際の例では「 30 (人件費)÷ 50(粗利益)= 0.6 」で60%となります。労働分配率は経営計画作成の際の指標としても使えるのです。例えば計画で60%を55%にして、人件費を計算できます。

 

労働分配率の計算式を逆にすると労働生産性になります。労働分配率という見方のみでは人件費の削減に目が行きがちですが、労働生産性では分子が粗利益額になるので、粗利益額を増やすことが生産性を高めるのに重要なことに気づきます。

 

労働分配率・労働生産性は、労働生産性の指標ばかりでなく、事業経営そのものの効率を経営者に教えてくれる数字といえます。

 

 

■「一人当たり生産性」を押さえる――人件費とは関連づけない

 

一人当たりの利益効率を考えます。

 

[計算方法]「粗利益÷社員数」で求めます。

 

一人当たりの生産性を高めるには、一人当たりの粗利益を上げます。決して、一人当たりの人件費を下げるのではないことに注意してください。

 

中小企業では、もともと給料が低いのです。社員の給料を上げるためには、粗利益額を増やす以外に方法はありません。

 

ここまでの数字を出して初めて、「利益を出すにはどうすればいいのだろうか?」を考えます。逆をいうと、これらの数字を把握しないで、「どう儲けるかを考えても無意味」ということなのです。

 

この話は次回に続きます。

税理士法人古田土会計 代表社員 公認会計士・税理士

1952年生まれ。法政大学卒業。「中小企業の経営に役立つことこそ、会計事務所としての社会的使命」が持論。「数字はこうとらえるべき」という理論のみで顧問先を指導するのでは説得力がないと考え、自ら顧問先の手本になるべく、「月次決算書」と「経営計画書」のPDCAを全社員で徹底的にまわし、“ 教える”でなく、“ 見せる”スタンスで顧問先と向き合っている。
創業以来34年連続の増収、赤字は一度もなく自己資本比率90%、クチコミだけで年間180件の新規顧客がくる日本有数の優良会計事務所を経営。2016年末の顧問先数は2150社以上、さらに全国の会計事務所300法人を指導。「月次決算書」による会計指導と「経営計画書」の作成指導は業界内でも有名。また2014年に士業界初の経済産業省『おもてなし経営企業30選』に、2015年には『がんばる中小企業300選』に選ばれ、2014年には障がい者を率先して雇用し、その能力の活用に積極的な民間企業に与えられる『東京都障がい者雇用優良企業』に、厚生労働省からは『精神障がい者等雇用優良企業』に認定されている。
おもな著書に『掃除、挨拶、計画で会社は儲かる』『ドロくさいけど必ず結果が出る! 経営計画のつくり方 CD-ROM 付 』(ともにあさ出版)、『社員100 人までの会社の「社長の仕事」』(かんき出版)、『中小企業は行列のできるラーメン屋を目指せ! 』(秀作社出版)などがある。

著者紹介

連載経営者のための「儲かる経営計画」の作り方

本連載は、2017年2月26日刊行の書籍『経営計画は利益を最初に決めなさい!」から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

経営計画は利益を最初に決めなさい!

経営計画は利益を最初に決めなさい!

古田圡 満

あさ出版

社長にしかできないことは2つある。 ひとつはいかに理念を経営計画に盛り込むか(第1部で解説)。社員が理解できるように作成すると同時に、社長自身が取引先にもしっかりで説明できるようにしたい。もうひとつは商品別販売…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧