書籍詳細

『事例で学ぶ MRのための不動産投資』

大山 一也
高橋 侑也

出版社名:幻冬舎メディアコンサルティング

発行年月:2022年1月


MRの「将来の悩みや不安」は「不動産投資」が解決する!

「今の働き方をこれからもずっと続けていけるのか不安」
「家族のため将来に備えたいが、どこから手を付けたらいいか分からない」
「担当のドクターが投資に興味をもっているようだが、話に付いていけない」

医薬情報の専門家として、現場で活躍するMRの方のなかには、キャリアの先行きや家族の生活設計について不安を抱いたまま働いている人が増えています。

本書では、将来に不安を抱え資産運用に興味をもち始めたMRの方のため、ひと足先に不動産投資と出合い、キャリアと人生の新しい可能性を切り拓いている人たちの事例を紹介します。併せて不動産投資の基本的な仕組みやメリットについて分かりやすく説明していきます。MRサバイバル時代を「勝ち抜く」ためにオススメの一冊。

株式会社トライブホールディングス
代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

著者紹介

トライブホールディングス

大学卒業後、リスク管理や収益追求を企図した金融会社に勤務し、投資用不動産に興味をもち運用を始める。その後、大手中古ワンルーム業者へ転職。営業の中核として数多くのコンサル業務を行う。日々時間に追われながらも、「何か運用しなければ」と考えている人をサポートしたいという強い思いで、トライブホールディングスにジョインする。前職などで培った金融知識やノウハウを活かし、不動産に限らず運用商品全体のコンサル業務を行っている。

著者紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ