[連載]新しいエネルギーシステムへの転換…日本をとりまく「4つの危機」

加速度的に進む地球温暖化、時期に顕在化するであろう化石燃料の枯渇…。重要となるのは、これらの難問を克服しうる、次世代のエネルギーシステムを目標に掲げ、実現のためのロードマップを描くことです。本記事は、日本総合研究所が執筆した『エナジー・トリプル・トランスフォーメーション』(エネルギーフォーラム)より一部抜粋し、次世代の新しいエネルギーシステムについて考察します。

本連載の著者紹介

日本総合研究所は、システムインテグレーション・コンサルティング・シンクタンクの3つの機能を有する総合情報サービス企業です。1969年、株式会社住友銀行から分離独立。『日本情報サービス株式会社』設立。1989年、『株式会社日本総合研究所』に社名変更。


〈執筆者紹介〉

井熊 均/Hitoshi Ikuma
日本総合研究所 創発戦略センター 専務執行役員
早稲田大学大学院理工学研究科修了。専門分野は事業の計画・提携・運営、産業政策、ベンチャービジネス、環境産業、公共IT政策、地域経営、公共財政、中国・アジア市場など。

瀧口 信一郎/Shinichiro Takiguchi
日本総合研究所 創発戦略センター シニアスペシャリスト
京都大学人間環境学研究科、テキサス大学ビジネススクール修了。専門分野は企業戦略・事業戦略、新規事業、M&Aなど。

木通 秀樹/Hideki Kidohshi
日本総合研究所 創発戦略センター シニアスペシャリスト
慶應義塾大学理工学研究科後期博士課程修了。専門分野は環境・エネルギー・交通、農業等の社会IoTシステム構想・事業開発、スマートシティ等のインフラシステム構造・事業開発など。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧