[連載]メディアに注目されにくい「BtoB企業」のメディア露出を、劇的に増やす方法

元日経エース記者からBtoB企業の広報担当役員という、「報道する側」から「報道される側」に、華麗なる転身を遂げた筆者。両視点からの豊富な経験値に裏付けされる、「BtoB広報」の最も有効な展開の仕方、それらを支えるセオリー、哲学について、分かりやすく伝える。

本連載の著者紹介

広報コンサルティング会社 代表 

1996年慶大卒、日本経済新聞社に入社。東京社会部に配属される。ドラッグストアなど小売店担当、ニューヨーク留学(米経済調査機関のコンファレンス・ボードの研究員)を経て東京経済部に配属。財務省、経済産業省、国土交通省、日銀、メガバンクなどを長く担当する。日銀の量的緩和解除に向けた動きや企業のM&A関連など多くの特ダネをスクープした。東日本大震災の際には復興を担う国土交通省、復興庁のキャップを務めた。シンガポール駐在を経て東京本社でデスク。2018年8月に東証一部上場企業に入社し、広報部長、執行役員等を務める。現在は独立し、広報コンサルティング会社の代表を務める。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ