▲トップへ戻る
日頃からの人脈構築が鍵!? バリの不動産物件を巡る「情報戦」

前回は、バリの不動産投資で求められる「経営感覚」を取り上げました。今回は、日頃からの人脈構築が鍵となるバリの不動産物件を巡る「情報戦」について見ていきます。

物件を「相場より2割安い価格」で購入するには?

バリ島でのローカル向け不動産投資を単に投資としてではなく、「ビジネス」として取り組む場合、次の方法が考えられます。

 

①住宅の開発

ローカル向けの土地を仕入れ、建物を建築して転売する。

②中古住宅の転売

中古の土地建物を仕入れ、転売する。

③ランドバンキング

値上がりしそうな土地を仕入れて所有し、値上がりしてから転売する。

 

当然ですが、安く仕入れることがキモになります。インドネシアのGDPが今後も伸び続けていく可能性は大きく、中長期的に見た場合、適正な価格で仕入れた不動産であれば利益を上げられるはずです。

 

[PR] 12月1日(土)無料セミナー 東京(幻冬舎)で開催!
日本人も投資可能「インドネシア・バリ島不動産」の最新事情

 

もし筆者が10年後に同じテーマで文章を書く機会があるとしたら、「10年前までバリ島の不動産価格は右肩上がりを続けていたので、適正な価格で土地を購入していれば、利益を上げられたのです」と記すでしょう。

 

このように過去を振り返ってみると、右肩上がりの相場も、その当時にはそれなりに上がり下がりがあるものです。現実に物件を仕入れた場合、購入した瞬間から利益を上げられる状態にあり、常に「儲かっている」という余裕のある状態が望ましいですし、「トントンならすぐに処分できる」という状態であるのが良いと思います。

 

そのためには、相場より2割安い価格で物件を購入するのが理想です。では、そのためにはどうすればいいのでしょうか。 2割安い価格で買える物件情報は、どうすれば得られるのでしょうか?

 

答えは簡単です。実行は難しいのですが...。答えは「情報を持っている人間を見つける」ということ。ただし、それが誰なのか、その人から優先的に情報を流してもらうには、どうすればいいのか、そこが難しいのです。不動産の持ち主が、相場よりも2割安く物件を売る場合にはそれなりの事情があります。

 

バリ島では長男が一人で相続するため、この3パターンが多いと思います。

 

●他の物件を買いたい

●生活費に困っている

●債権者への返済に充てたい

 

物件情報はこの事情を知っている人から得ることになるわけですが、この事情を知る人もまた限られます。

 

●所有者本人、または本人の身近な人

●所有者が話を持ちかけるブローカー

●債権者

広く多くの人から情報を集めるのがコツ

ここで大切なのは、「物件所有者本人にどのように繋がるか」です。できるだけ本人に近い人と繋がることができるかが重要になります。間に人を挟めばその分だけ、仲介者への利益が上乗せされ、物件価格は上がります。では、物件所有者本人と繋がり優先的に情報を得るにはどうしたらいいのでしょうか?

 

普段からお金を払い、実際に物件を買い続ける。これしかないのです。これを継続していくと、「あの人に情報を持っていけば、収入になる」という情報が広まります。そうなれば情報獲得が非常に楽になります。情報性の高いものを提供する際には双方にメリットが必要ですから、これを実行し続けることが効果的だと思います。

 

加えて情報を得る際に区別を付けず対応することが重要です。良い情報だけを持って来る人は、不動産の知識と人脈があり同業者との比較もされるので対価も高くなります。しかし時として、良い情報と悪い情報の区別がつかない人のほうが格別な情報を持ってくることがあるのです。

 

では、情報を持っている人をどうやって探すのでしょうか? これは「人の繋がり」でしかありません。特に、バリ島という場所は人の繋がりを大切にします。社会の仕組みも人の感情もアナログです。普段から、不動産関係の人間に「友人に売り物件の情報を持っている人はいないか」という質問を繰り返して、必要に応じてお礼をします。

 

[PR] 12月1日(土)無料セミナー 東京(幻冬舎)で開催!
日本人も投資可能「インドネシア・バリ島不動産」の最新事情

 

当然のことですが、上からの態度をとるのは禁物です、相手は人なのですから「好きな人」に最初に情報を提供します。こちらが「いい人」でなければ上手くいきません。

 

そうやって物件情報を得た後、所有者に会い、そこから価格交渉が始まるのです。

 

株式会社IIN Indonesia Investment Net 代表

国内ではホテル14軒、雑貨製作販売、家庭教師派遣、おもちゃのECビジネスなど8社を経営し、バリ島では不動産事業を行っている。投資においては、ホテル、貸ビル、駐車場、太陽光発電、バリ島のヴィラなど複数の不動産を所有し、株式やFX、事業投資の経験も豊富。

大学卒業後、野村證券に入社。24歳で学習塾などを起業し、事業は成功するものの会社を乗っ取りで失う。その後、政治家を目指し、衆議院議員秘書になるが、議員の選挙落選で無職になる。再び起業し、5年間で生徒数1000人を超える規模にし、不動産投資、ネットビジネスなどで、グループ年商40億円となる。しかし、保証人となった友人の会社の倒産、さらに詐欺に遭い、すべてを失い、数億円の借金を負う。
それから8年、バリ島での不動産とホテル事業で復活する。将来は、数え切れない失敗をしながら復活した経験を元に、若者の起業や事業再生のお手伝い、また子ども好きなことから、子どものための事業をやりたいと考えている。

「バリ島投資のメリットは収益性もありますが、単純に楽しいです。
リスクが取れる人、遊び心がある人には向いています。きっと若い頃のワクワク感を味わっていただけるでしょう」

連載『日本人のためのインドネシア「バリ島」不動産投資入門』は、株式会社IINの代表取締役・三浦純健氏のブログ「バリ島海外不動産投資入門」から転載・再編集したものです。

著者紹介

連載日本人のためのインドネシア「バリ島」不動産投資入門

本連載は、株式会社IINの代表取締役・三浦純健氏のブログ「バリ島海外不動産投資入門」から転載・再編集したものです。
その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧