いざ経営が傾いたときに「使えるお金」がない場合、会社は倒産の危機に陥ります。今回は、そんな危機を救う方法の一つ「タックスマネジメント」について見ていきます。

税金の支払いは納税者自身が合法的にコントロール可能

ある元企業オーナーは、深いため息をついていました。昔は業績がよく、飛ぶ鳥を落とす勢いで経営をしており、多額の法人税を毎年納めていることが自慢の会社でしたが、経営環境の激変により、会社が倒産して数か月が経とうとしています。あのお金があれば、会社をもう一度立て直せたかもしれないのに・・・。そんな想いが頭の中でぐるぐると回るばかりです。

 

この記事はメールマガジン会員様限定です。メールマガジン会員登録(無料)をすると全文をお読みいただけます。

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2014年4月25日刊行の書籍『スゴい「減価償却」』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
    本連載の内容に関しては正確性を期していますが、内容について保証するものではございません。取引等の最終判断に関しては、税理士または税務署に確認するなどして、ご自身の判断でお願いいたします。

    スゴい「減価償却」

    スゴい「減価償却」

    杉本 俊伸+GTAC

    幻冬舎メディアコンサルティング

    「減価償却で節税」とはよく聞きますが、課税と節税の仕組みを十分に理解して使いこなせている人は多くありません。 減価償却を活用するポイントは、タックスマネジメントです。タックスマネジメントとは、税額や納付のタイミ…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ