床下の空隙が招く「床面の崩落」という大事故

前回は、床下の空隙によって、激しい振動が発生した倉庫業の事例を紹介しました。今回は、床下の空隙が招く恐ろしい「大事故」について見ていきます。

「床が抜けた」ですむうちはまだいいが・・・

床下の空隙がもたらす被害は振動だけでも甚大ですが、時としてそれ以上の事故につながることもあります。

 

床下の空隙を放置しておくと、床面が崩落してしまうこともありうるのです。「床が抜けた」という表現ですむうちはまだよいのですが、大事故に発展する危険性も否定できません。

 

日本では少ないですが、地下水の汲み上げがさかんで地盤沈下が激しい中国や東南アジアでは少なくない事故のようで、時折、新聞がその様子を伝えています。

 

たとえば、中国の住宅団地では、新築から1年も経たない棟の1階で突然、床が崩落したという事故がありました。幸い死者は出ませんでしたが、建設前の地盤整備が甘く、締め固めが緩かったので地盤沈下が起きていたことが原因だったのだそうです。

 

また、同じく中国では、一昨年、食品工場で操業中に1階部分の床が突然崩落し、工員5人が機械とともに転落。2人が死亡しました。

 

このように、床面の崩落は運搬機器や荷物の落下だけではなく、人命にも関わる惨事を招きます。さらには、引火性の液体がこぼれ、機械が落下した衝撃で発火したら・・・。

予兆を見逃さず、早めの対処が重要

ここまでの大事故になれば経済的な被害も莫大になるのは当然ですが、そこまでいかなくても、床が抜けたというだけで、修復工事にはある程度以上の費用がかかります。歩行時に床の感触でわかる予兆や、振動というサインを見逃さず、早めの対処をすることが重要でしょう。

 

たとえば地震の直後には地盤に空隙が生まれるケースがあります。この場合、目で確認ができないため、すぐに修復することが難しく、床がたわんでくるなど被害が悪化してからやっと気付き、莫大な修復費用がかかってしまうことが多々あります。

 

地震直後の場合は目に見える被害の修復はもちろんですが、目に見えない被害に対する早めの調査、早めの対策をおすすめします。

アップコン株式会社 代表取締役

1985年 武蔵工業大学(現 東京都市大学)建築学科卒業。
1988年 プラット・インスティテュート大学院(ニューヨーク)インテリアデザイン学科卒業。
1989年 オーストラリア・シドニーの大手建築設計事務所に勤務。日本担当部長として新規事業開拓を手がける。
1998年 設計施工一貫請負の会社をシドニーに設立。
2000年 特殊樹脂を使用する地盤沈下修正工法を知り、工法を習得。
2001年 同工法を用いた外資系土木会社の日本法人を設立。代表として、九州で事業を展開。
2003年 4月 独自に研究を重ね、ノンフロン材を用いた小型機械による新工法「アップコン」を考案開発。6月 アップコン有限会社(現 アップコン株式会社)を設立。代表取締役に就任、現在に至る。
2006年 EOY JAPAN 2006 ファイナリスト
2009年 ASPA Awards 2009 Excellence Prize 受賞
2012年 かながわビジネスオーディション2012 審査委員特別賞受賞、低CO2川崎パイロットブランド'11 受賞
2014年 奨励賞受賞(川崎市制90 周年記念表彰)

「夢の扉 ~NEXT DOOR~」(TBS テレビ)、「FNN スーパーニュース」(フジテレビ)、「ホンマでっか!? TV」(フジテレビ)など各種メディアにも多く取り上げられる。

著者紹介

連載事業の傾きを招く!? 工場・倉庫の「傾いた床」の問題

本連載は、2016年11月25日刊行の書籍『改訂版 不良品が多い工場の原因は地盤が9割』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

改訂版 不良品が多い工場の原因は地盤が9 割

改訂版 不良品が多い工場の原因は地盤が9 割

松藤 展和

幻冬舎メディアコンサルティング

4年前出版し関係者の間で話題沸騰したあの書籍が、「傾いた床」による様々なリスクを追加収録し、 【改訂版】としてパワーアップして帰ってきた! たった0.6度の床の傾きで、業務も傾く! 日本の建物の9割が地盤に起因…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧