繰り返される転倒事故・・・傾いた校舎が生徒に与えた悪影響

前回は、工場等の「わずかな床の傾き」が人体に与える影響を説明しました。今回は、傾いた校舎が生徒に与えた悪影響について見ていきます。

子どもは身の危険を察知し、回避する力が未熟

床の傾きによる被害は、工場や倉庫、店舗を運営する会社だけの問題ではありません。本来、安全であって当たり前の校舎では、床のほんのわずかな傾き・たわみが子どもたちの学校生活を危険なものに変えてしまいます。

 

ある小学校では、校舎の廊下のある地点でだけ、転ぶ子どもが多いという不思議な現象が起きていました。もちろん転んですりむく程度ならよいのですが、転んで骨折してしまう子どもまで出るに至っては、問題を放置してはいられません。

 

走ってはいけない廊下を走るからだとか、ちょうど曲がり角なので滑りやすいからだとか理由は考えられたものの、子どもはそこだけ走るわけでもありませんし、他にも曲がり角はあります。よくよく調べた結果、この地点でわずかに床に傾斜がついていることがわかりました。どうやら、そのわずかな傾斜が事故の引き金になっていたのです。

 

たわんでいる床は、その上にいる人たちの平衡感覚にも悪影響を与えます。それを考えると、子どもたちが日常的に運動をする学校の体育館で不同沈下が起き、床の水平が保たれていないという事態は、非常に危険です。

 

特に小学校では、1階を使うのは低学年の児童や特別支援学級の児童です。身の危険を察知し回避する力が未熟な子どもたちですから、床の傾きは事故に直結しやすいのです。

公立校の場合、予算が取れず沈下修正が行えないことも

学校の場合、長時間を過ごす先生方が平衡感覚の異変に気づき、床の傾きを疑って教育委員会に相談するケースが多いのですが、しかし、地方の小さな自治体の公立校の場合、なかなか予算が取れず、沈下修正が行えないでいる場合も少なからずあります。

 

たとえば、三重県のある学校の体育館は緩やかに床面が窪んでいるのですが、そのために、バスケットボールのバウンドが変わってしまうのだそうです。冗談のような話ですが、実際にそこで運動をする子どもたちにとってはたまったものではありません。

 

バスケットボール部の顧問の先生は、こんな場所でバスケなどさせたくないと嘆いていましたが、予算の問題でなかなか手がつけられずにいます。

 

もうひとつ指摘しておきたいのが、学校の耐震化に関してです。現在、公立の小中学校の多くは耐震化工事を行っていますが、その工事というのは基本的には学校の壁を鉄骨などで補強し、建物を倒れないようにするというものです。

 

しかし実は、それだけでは不十分です。壁だけではなく床の損傷を防ぐための対策も同時に行う必要があるのです。

 

例えば体育館は、地震発生後の避難所として使われることがよくあります。ところが地震後に建物は残っていても、フローリングの木材がばきばきに割れて床がひどく損傷してしまうケースが多々あるのです。

 

そうなってしまうと、そこに住むことはおろか入ることすらできないでしょう。地震後も建物が機能し続けるためには、床も同時に調べる必要があるのです。

 

では、床はどのように調べるのか。まずは、地盤の状況と建物の傾きを調べる必要があります。それでなにも問題がなければいいのですが、もし地盤に空隙があったり、建物が沈下して傾いたりしているなら、それは床がゆがんだ状態になっているということの証明です。

 

地震が起きればそのゆがみにさらなる負荷がかかり、床が損傷してしまいますから、あらかじめ地盤の空隙を埋め、建物の傾きも修正しておくことが、万が一の床の損傷を防ぐことにつながります。

アップコン株式会社 代表取締役

1985年 武蔵工業大学(現 東京都市大学)建築学科卒業。
1988年 プラット・インスティテュート大学院(ニューヨーク)インテリアデザイン学科卒業。
1989年 オーストラリア・シドニーの大手建築設計事務所に勤務。日本担当部長として新規事業開拓を手がける。
1998年 設計施工一貫請負の会社をシドニーに設立。
2000年 特殊樹脂を使用する地盤沈下修正工法を知り、工法を習得。
2001年 同工法を用いた外資系土木会社の日本法人を設立。代表として、九州で事業を展開。
2003年 4月 独自に研究を重ね、ノンフロン材を用いた小型機械による新工法「アップコン」を考案開発。6月 アップコン有限会社(現 アップコン株式会社)を設立。代表取締役に就任、現在に至る。
2006年 EOY JAPAN 2006 ファイナリスト
2009年 ASPA Awards 2009 Excellence Prize 受賞
2012年 かながわビジネスオーディション2012 審査委員特別賞受賞、低CO2川崎パイロットブランド'11 受賞
2014年 奨励賞受賞(川崎市制90 周年記念表彰)

「夢の扉 ~NEXT DOOR~」(TBS テレビ)、「FNN スーパーニュース」(フジテレビ)、「ホンマでっか!? TV」(フジテレビ)など各種メディアにも多く取り上げられる。

著者紹介

連載事業の傾きを招く!? 工場・倉庫の「傾いた床」の問題

本連載は、2016年11月25日刊行の書籍『改訂版 不良品が多い工場の原因は地盤が9割』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

改訂版 不良品が多い工場の原因は地盤が9 割

改訂版 不良品が多い工場の原因は地盤が9 割

松藤 展和

幻冬舎メディアコンサルティング

4年前出版し関係者の間で話題沸騰したあの書籍が、「傾いた床」による様々なリスクを追加収録し、 【改訂版】としてパワーアップして帰ってきた! たった0.6度の床の傾きで、業務も傾く! 日本の建物の9割が地盤に起因…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧