前回は、「ホテルレジデンス」の概要を取り上げました。今回は、ハワイに新しく完成したウルトララグジュアリーコンドミニアム、「Park Lane Ala Moana」を紹介します。

「相続税の税務調査」
調査対象
選ばれる人選ばれない人

7/14(日)>>>WEBセミナー

世界有数のショッピングセンターの敷地内に完成

今回はハワイに完成した最新のコンドミニアムをご紹介します。

 

その物件は「Park Lane Ala Moana」。

 

ハワイ旅行へ行けば一度は訪れるであろう、世界有数のショッピングセンター、アラモアナショッピングセンターの敷地内に完成したウルトララグジュアリーコンドミニアムです。

 

アラモアナショッピングセンターは、今から遡ること58年前、1959年にオープンしました。1959年というのはハワイの歴史上、非常に重要な年です。というのも、ハワイがアメリカ合衆国の第50番目の州として正式に加入を認められたのが1959年だったからです。アラモアナショッピングセンターのオープンが8月13日、ハワイがハワイ州として米国に正式に加入したのが8月21日ですので、アラモアナショッピングセンターの歴史はハワイ州の歴史と言っても過言では無いかもしれません。

 

当時のハワイは、州に昇格したばかりで非常に政治的にも不安定でした。そのような時期に、アラモアナショッピングセンターに大型出店を決めた日本企業がありました。それは、現在の東急グループ、旧白木屋です。現在、白木屋という名称は日本ではなくなってしまいましたが、アラモアナショッピングセンターでは現在も白木屋の名で、現地の方の憩いの場として営業を続けています。なお、白木屋は2016年にリニューアルオープンし、今まで以上の賑わいを見せています。

 

\設立10年 会員数13,000名突破!/
富裕層が資産家であり続けるための無料会員組織
カメハメハ倶楽部とは?

 

また、アラモアナショッピングセンターは一時期ある日本企業によって買収されています。それは今から35年前、1982年のことですが、日本の小売大手であるダイエーがアラモアナショッピングセンターを3億3,000万ドルで買収しました。当時の為替レートは1ドル240円くらいなので、約800億円で買収したということになります。しかし、その後、日本のバブル経済の崩壊に伴い、1999年に現在のオーナーであるアメリカの「ジェネラル・グロース・プロパティーズ社」へ売却され、現在に至っています。

 

そんな歴史があるアラモアナショッピングセンターですが、総面積は約6万坪、実に東京ドーム4つがすっぽり収まる大きさです。現在では年間の来場者数はなんと約4,800万人に達しており、単純計算で1日あたり13.1万人が訪れる世界有数のショッピングモールとなりました。東京ディズニーランドとディズニーシーの年間来場者数合計が約3,000万人ということですので、その集客力の高さは目を見張るものがあります。

完成前に9割が成約・・・日本人の購入はそのうち30%

そのアラモアナショッピングセンターの敷地内にできるコンドミニアムということで、日本のメディアにも度々取り上げられていました。そして、2017年4月にファーストフェーズの引き渡しが始まり、ついにオープンとなりました。こちらのプロジェクトは、完成前に約90%が成約済みとなっていますが、そのうちの約30%が日本からの購入者だったそうです。

 

\設立10年 会員数13,000名突破!/
富裕層が資産家であり続けるための無料会員組織
カメハメハ倶楽部とは?

 

「Park Lane Ala Moana」からアラモアナショッピングセンターへは、敷地内の専用エレベーターでダイレクトにアクセスすることが可能です。アラモアナ内のFood Land(高級スーパーマーケット)では、オーナー専用のアプリケーションを通して、オンラインショッピングができる上、部屋まで届けてくれるサービスも始まるそうです。ソフトもハードも今までに無い、最高峰のプロジェクトの一つと言えるでしょう。

 

ハワイに行かれる際には一度は目にするであろう「Park Lane Ala Moana」。ハワイの新たなランドマークとしての役割が期待されます。

 

「海外不動産担保ローン」に関するお問い合わせはこちら

 

 

 

カメハメハ倶楽部セミナー・イベント

【6/26開催】長引くインフレをヘッジする“
実物資産”投資の重要性
投資に向く「ワイン」の選び方とその価値

 

【6/27開催】個人でも投資ができる!
公益性の高い「ドクターヘリ投資」とは

 

【6/29開催】“マイクロ法人”のメリットを
最大限に享受できる「相続対策」の進め方

 

【6/29開催】今さら人には聞けない
「相続」の基礎知識を総ざらい
<遺産分割協議のポイント編>

本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は著者の個人的な見解を示したものであり、著者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、著者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録