お金持ちに学ぶ ATMでお金を引き出してはいけない理由

今回は、ATMでお金を引き出してはいけない理由などを紹介します。※本連載は、若きカリスマ経営者・金川顕教氏の著書、『財布はいますぐ捨てなさい』(サンライズパブリッシング)の中から一部を抜粋し、お金を効率的に使うために「やめるべきこと」を紹介します。

日用品はamazonで購入し、時間もお金も節約

★コンビニ行かないスーパー行かない

 

お金を払うことについての基本的な考え方として、「人がかかわると損をする」と覚えておきましょう。

 

コンビニやスーパーで買うと、お店のスタッフが関わりますから、人件費が発生し、損をします。

 

たいていのものはamazonで買えばいいんです。コンビニやスーパーで100円くらいするものも半額くらいで買えますし、水やトイレットペーパーなど、重いものやかさばるものも持たなくていい。わざわざ出かける時間も節約できます。

 

僕は何度も受け取ることすらムダだと思っているので、水などは一年分まとめて買って、一回で受け取っています。

 

コンビニもスーパーも、人生には必要ないんだってお分かりいただけたでしょうか。

「時間がなくなってしまう」理由を考える

★ATMで引き出さない

 

僕がATMで最後にお金をおろしたのは、たぶん4、5年前です。振り込みも、できるだけ楽天銀行を使ってネットで振り込むようにしています。1日の振込額を2000万円にしているので、ほとんどこれで対応できます。

 

それくらいATMは必要ありません。なくなってもいいくらいに思っています。

 

しかし多くの人は、三日に一度ATMに行き、自分の口座に入った給料をちょこちょこ引き出しているのです。わざわざ入ったものを、引き出して払って、また引き出して手数料まで払わされて、しかも財布はパンパンになって、落としたら最悪で、ポイントもたまらない。落ち着いて考えたら、なんてすごいことしているんだろうと思いません?

 

僕はこれ、昔から知っていたから、給料が口座に入っても下ろしませんでした。クレジットカードを使ったら、自動的に口座から引き落とされるから、現金を下ろすことなんかほとんどなかったですね。

 

「時間がない」と言いながら、みんな本当にムダばっかりやっているんですよ。その結果、より時間がなくなってしまうんです。

 

ATMに行くのも、お金を引き出すのも、やめましょう。

株式会社Social River 代表取締役

1986年三重県生まれ。東京都港区在住。立命館大学産業社会学部卒業。 偏差値35から大学進学を志し、2浪の末立命館大学に入学。大学合格発表直後から受験勉強を資格試験に切り替え、 在学中に公認会計士試験に合格する。
世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツに就職。 新入社員から年収600万円が保証される生活に「これで一生安泰の人生が送れる」と思ったのも束の間、 自分自身の時間が削られていく不自由さに耐えきれず、毎日の激務をこなしながら起業のための勉強を開始する。 勉強期間中の副業で給料の10倍を稼ぎ出し、軌道に乗ってきた2013年に独立。
以来、事務所なし従業員なしの会社は年々売り上げを伸ばし、3年間で2億6600万円売り上げる。 2016年現在、4期目にして年商は5億円、粗利にして3億円を見込んでいる。 サラリーマン時代には想像できなかった「経済的」「時間的」「人間関係的」に自由な日々を送る。

著者紹介

連載年商5億円稼ぐ人が教える「いらないことリスト」~お金編

財布はいますぐ捨てなさい

財布はいますぐ捨てなさい

金川 顕教

サンライズパブリッシング

限りある時間の大切さに気付いた人だけが限りなくお金を生み出せる――。大学在学中に公認会計士試験に合格。外資系企業で激務をこなしながらも起業を実現。起業後4年で売り上げが7億円を超える。超スピードで目標達成するため…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧