▲トップへ戻る
リスクヘッジの手段としても注目 オルタナティブ投資の概要

ここまで、分散投資の考え方や投資手法などを紹介してきました。その中で出てきた大学基金や富裕層向けのファンドは、オルタナティブ商品に投資する手法を採用しているものも少なくありません。今回は、オルタナティブ投資とは何か、そのメリット、デメリットを説明します。

商品設計は複雑だが、メリットも多い

オルタナティブ投資の「オルタナティブ(alternative)」とは英語で「代替」という意味です。そして、オルタナティブ投資とは、伝統的な資産である株式や債券などとは異なる動きをする対象に投資をすることです。

 

具体的な投資対象としては、ヘッジファンド、プライベート・エクイティなどの未公開株式、金や石油など先物市場で取引されているコモディティ(商品)、不動産などがあげられます。

 

では、オルタナティブ投資には、どのようなメリットとデメリットがあるでしょうか。以下にまとめてみます。

 

メリット

①債券や株式の価格変動による影響を受けにくい(相関性が低い)

②株式相場などの変動に左右されないプラス収益を目指す

③分散投資の効果が期待できる

 

デメリット

①流動性が低いものもあり、現金化に時間がかかる場合がある

②運用手法が伝統的な投資手法に比べて複雑

③商品設計が複雑なため、収益構造が分かりにくい

 

[PR] 本稿執筆者によるセミナー(無料)を東京で開催!

セミナー一覧はこちら!

幻冬舎グループがIFAをはじめました!
「お金がお金を生む仕組み」を作りたいけど、相談相手がいない…この現実から抜け出すには?

もともとは機関投資家向けの投資手法だったが…

オルタナティブ投資が日本で本格的に始まったのは、2001年頃と言われています。以降、機関投資家が、ヘッジファンドやプライベート・エクイティといったオルタナティブ分野への投資を本格的に拡大していきました。

 

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、約140兆円の公的年金を運用しています。現在、オルタナティブ商品での運用はまだわずかですが、今後は、運用割合を5%(現在の資産規模では約7兆円)にまで拡大する方針です。

 

以前までは、オルタナティブ投資は機関投資家などの一部のプロ向けの投資商品でした。しかし、現在ではオルタナティブ投資を組み込んだ小口投資が可能な商品も登場し、個人投資家の間にも少しずつ広まっています。

 

株式や債券などの伝統的資産を保有している方は、分散投資やリスクヘッジのために、オルタナティブ投資も選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

幻冬舎アセットマネジメント 事業開発室 室長

1984年、日興証券(現SMBC日興証券)入社。個人富裕層向けの資産運用アドバイス、外資系金融機関への機関投資家営業ののち、投資開発部、ファンドマーケティング部でデリバティブ商品、投資信託業務に従事。
2001年からは三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)で商品開発本部に所属し、銀証連携により企業オーナー、個人富裕層に対しての商品企画、販売プロモーションを経験。
2011年、バークレイズ・ウェルス・サービシズに移り、日系メガバンクとのプライベートバンキング事業立ち上げに参加。プライベートバンカーとして、資産5億円以上の富裕層顧客に資産のコンサルティング業務を行う。
2017年1月から現職。これまでの経験を生かし、金融機関とは一線を画し、企業オーナー、富裕層の財産を守る為に、公正、中立な情報の提供を心がけている。

著者紹介

連載基礎知識から最新事情まで~投資信託の「正しい」活用術

本連載は、一般的な投資信託の仕組みなどを紹介することを目的にしています。投資を促したり、筆者が所属する「幻冬舎アセットマネジメント」に勧誘することを目的としたものではありません。また、投資にはリスクがあります。リスクに十分に考慮をして、投資判断を行ってください。本連載の内容に関して投資した結果につきましては、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧