日本で唯一、発毛効果が認められている外用薬

前回は、AGAに効果を発揮する内服薬を紹介しました。今回は、発毛効果が医学的にも認められている外用薬を紹介します。

元々は高血圧を抑えるための血圧降下剤として使用

さて、AGAの治療には外用薬も使われます。それが「ミノキシジル」外用薬です。育毛剤のCMなどで、その名を耳にしたことのある方も多いでしょう。

 

ミノキシジルは医学的に発毛効果が認められていますが、実は、フィナステリドと同じく、最初からAGAの薬として開発されたものではありません。元々は高血圧を抑えるための血圧降下剤として使われていました。毛細血管などを開く血管拡張作用により、血流の通り道を広げ、血圧を下げる効果があるためです。

 

ところが、このミノキシジルを使っていると、多毛の症状が現れることがわかったのです。考えてみれば、毛細血管などが広がれば、頭皮の毛根も血行が良くなり、栄養や酸素がしっかりと運ばれることになります。すると毛包や毛母細胞が活性化し、発毛や育毛が起こっても不思議はありません。そのような考えから、ミノキシジルはAGAの薬としても研究され、利用されるようになったわけです。

毛髪を太く強くする効果はあるが、本数自体は増えない

ミノキシジルには二つの作用があるとされています。一つは、休止期の毛包から初期成長期の毛包への移行促進。もう一つは、後期成長期の毛包への移行促進、それに軟毛化した毛髪を太い毛に成長させる作用です。

 

ただし、これも細く軟らかくなった毛髪を太く強い毛に戻すということで、本数が増えるわけではありません。使用して実感できる効果としては、うぶ毛のようだった毛髪が軟毛に変化したり、肉眼では見えなかった毛が見えるようになったりすることが挙げられます。

 

ミノキシジルは塗り薬の成分として日本でも認可され、1999年に一般用医薬品「リアップ」として商品化されました。今ではCMなどでもおなじみの人気商品となっています。

あなたにオススメのセミナー

    医学博士
    親和クリニック総院長
    医療法人社団 三幸音和会理事長 

    大学を卒業後、一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約10数年従事したのち、植毛手術を開始。最近の10年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は約1000例超、その後もっぱらFUE手術を行う。FUE術の症例数は約2000例に上る。
    平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆し、この分野の先駆的報告となった。その後、FUE法をさらに進化させた「MIRAI法」(Minimum Invasive and Rapid Improve)による[最小の傷・痛み][最速の植毛技術][最適なスタイル実現]の自毛植毛手術を確立。FYE識を覆す短時間での大量移植「ハイスピードメガセッション」や従来の3~4倍の高密度移植「スーパーデンスパッキング」は他の追随を許さない。
    その後さらに技術を進化させ、採取部分を刈上げない術式“誰にも気づかれない自毛植毛法”「NC<ナチュラルカバーリング>- MIRAI法」を確立。その圧倒的な技術力は国内外の毛髪医療関係者から熱烈な支持を集めている。

    著者紹介

    連載「薄毛難民」にならないためのAGA基礎講座

    本連載は、2016年9月9日刊行の書籍『薄毛 「自毛主義」のすすめ』(幻冬舎メディアコンサルティング)の本文から一部を抜粋したものです。

    薄毛革命 「自毛主義」のすすめ

    薄毛革命 「自毛主義」のすすめ

    音田 正光

    幻冬舎メディアコンサルティング

    髪が抜けて少なくなる、頭頂部が薄くなる――これは男性にとって古今東西、永遠のテーマといえる苦しみであり、さらに昨今は女性にも薄毛の悩みを抱える人が増えています。 本書では、さまざまな治療法を試しては失望してきた…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ