▲トップへ戻る
健康な髪の毛が育つサイクルと毛根の仕組みとは?

前回は、発毛の「ヘアサイクル」を保つシャンプーの大事な役割について説明しました。今回は、健康な髪の毛が育つサイクルと毛根の仕組みについて見ていきます。

「細いなあ」と感じるようになったら、危険信号

健康な髪の毛なら、7~8年は生えていてくれます。これは、抜けたのをよく見ると、太くてしっかりしている毛です。

 

ところが、髪が薄くなっている男の場合は、1本1本の毛が細い。髪質が弱いので、たとえば半年とか3カ月とかで抜けていってしまいます。

 

抜けた髪の毛を見て、「細いなあ」と感じるようになったら、危険信号です。細い髪の毛ばかりになると、やはり薄く見えますし、それはすぐに抜けるヘタレな毛だということを意味しています。

 

ハゲ頭に、産毛のような毛が生えている人って、よくいますよね。生えていても見えないという、透明人間のような毛ですが、あれはそんなに長く育たないのです。

 

本来なら太く成長して4~6年もってくれるはずの髪が、なぜ細々としか伸びず、1年ももたずに脱落していくのか。

 

それは、実は髪の育つ場所である毛根自体が萎縮して、小さくなってしまっているからです。

毛髪の本当の意味での根っこである「毛球」

この毛根という言葉、私も意外と適当に使ってしまうのですが、厳密にいうと、「毛球」と呼ばれる部分が、みなさんが一般にイメージしている毛根に当たります。

 

毛根というのは、正しくは、髪の毛が頭皮に埋まって見えなくなっている部分全体で、そのいちばん根元は「毛球」というふくらみになっています。

 

これが、毛髪の本当の意味での根っこです。

 

ちなみに、毛根を包んでいる毛穴のことを「毛包」というので、これも毛根や毛球とよく混同されています。

 

髪の毛の根っこである毛球の先端には、「毛乳頭」という組織があって、毛髪のもとになる「毛母細胞」という細胞に包まれています。そして、毛乳頭が、毛母細胞の成長を促したり、止めたりして、ヘアサイクルをつくり出しているのです。

 

株式会社エスロッソ 代表取締役社長 株式会社新日本情報システム 代表取締役社長

1971年7月生まれ。静岡県出身。大学中退後、サラリーマンとして働くなかで薄毛に悩み、独学で研究を重ねた結果、劇的な育毛に成功する。その後、2006年に独立。自身の体験をもとにした育毛事業を立ち上げ、圧倒的な効果を発揮する商品・サービスを次々と展開。「自分の経験を役立てて、同じ悩みを抱えた人たちを救いたい」という強い想いのもと、年間30000名以上の薄毛に悩む人々を救っている。

著者紹介

連載頭髪の危機を救う! 実践的「薄毛対策」講座

本連載は、2016年9月12日刊行の書籍『ハゲからの生還 なぜ、私はたった1年で「超フサフサ」になったのか?』(幻冬舎メディアコンサルティング)の本文から一部を抜粋したものです。

 

 

ハゲからの生還

ハゲからの生還

杉山 哲矢

幻冬舎メディアコンサルティング

「ハゲ」・・・それは男性にとって、非常にデリケートかつ切実な悩みでしょう。  本書では、かつてハゲに苦しめられ、様々な努力の末に「超フサフサ」を取り戻した著者が、自ら体を張って検証した「本当に効果のある薄毛治療…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧