今回は「10の投資」実物資産編④として、「美術品」「クラシック切手」「ヴィンテージ・ワイン」について見ていきます。

欠点はあるものの楽しめる趣味の実物資産

不動産、貴金属、クラシック・コインという実物資産を見てきましたが、ほかにも実物資産と呼ばれるものはいくつかあります。おもには「美術品」「クラシック切手」「ヴィンテージ・ワイン」といったものです。

 

この記事はメールマガジン会員様限定です。メールマガジン会員登録(無料)をすると全文をお読みいただけます。

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2013年12月19日刊行の書籍『日本が財政破綻しても資産を奪われない10の投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    日本が財政破綻しても 資産を奪われない10の投資

    日本が財政破綻しても 資産を奪われない10の投資

    田中 徹郎

    幻冬舎メディアコンサルティング

    日本の財政は深刻な事態に陥っており、「財政破綻」も決して非現実的なシナリオではありません。特に、資産を円建ての現預金や国債などのペーパー・マネーに集中させていれば、その損害は計り知れません。財政破綻によって、円…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ