投資家の利益を優先するコンストラクションマネジメントとは?

前回は、楽器可防音賃貸マンションの建設で業者を選ぶ際のポイントを説明しました。今回は、投資家の利益を優先する、アメリカでは一般化した開発手法「コンストラクションマネジメント」とは何かを見ていきます。

ゼネコンをパートナーに選ぶとコストが割高に!?

設計も行える業者というと「では、ゼネコンに頼めば安心ではないか。ゼネコンであれば自社で設計も手がけるだろう」と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、ゼネコンをパートナーに選ぶと、価格決定の主導権を握られてしまい、基本的にその言いなりにならざるをえなくなります。その結果、コストが割高になってしまうおそれがあります。

 

設計事務所に依頼したからといって、ゼネコンよりも設計費が余計にかかるといったことはありません。ゼネコンに設計施工を依頼した場合には、見積書の中に設計費等の項目がきちんと含まれています。

 

また過去には、他の設計事務所に設計を丸投げしたり、無資格の者に設計をさせていたゼネコンやハウスメーカーも少なくありませんでした。

 

一方、設計は自社で行うが施工は他社に依頼する業者であれば、複数の施工会社に見積もりをとってより安いところを探し出し、オーナーにとって最もコストの低い方法を提案することが可能となります。

大手業者の利益が優先されてきた不動産投資だが・・・

このように、オーナーの利益を最大化することを目的にベストの開発手法を企画する建設生産・管理システムをコンストラクションマネジメント(ConstructionManagement)といい、アメリカでは一般化した開発手法となっています。

 

これまでの不動産投資では、ともすれば発注する投資家の側よりも、受注するゼネコン等の大手業者の利益が優先される傾向がみられました。

 

そのような自社の利益ばかりを追求する建築業界の歪んだ構造が、過去の構造計算書偽造事件や、現在問題になっている杭打ちデータ改ざんのような不正を生み出す温床になってきたともいえるでしょう。

 

しかし、これからは日本でも、投資家の利益を重視するこのコンストラクションマネジメントシステムが主流になるはずです。

 

その結果、投資家にとっても、エンドユーザーにとってもより安全で安心感を抱ける不動産開発が促進されることになるでしょう。

 

ぜひ、何よりも投資家の利益を大切にしているパートナーを見つけて、最も理想的な、後悔のない不動産投資を実現してください。

ツナガルホールディングス株式会社 代表取締役
ツナガルデザイン株式会社 代表取締役 

University of Wales(英国国立ウェールズ大学経営大学院)にてMBAを取得。鎌倉時代から700年続き、「大田区で一番古い地主」といわれている27代目。一級建築士、宅地建物取引士。不動産コンサルティングマスター。土地有効活用の企画・資産組み替え・設計・仕入・ファイナンス・開発・賃貸・管理まで、オーナーの手を煩わせることなく、「ワンストップ」でサポートしている。資産家に向け、「相続税対策・資産承継等に貢献できる賃貸経営」の提案を行う。2015年、日本初の集合住宅の防音構造(「全戸三重防音構造」)で特許を取得。

著者紹介

連載鉄壁の資産防衛を実現する「楽器可防音マンション」投資

本連載は、2016年3月1日刊行の書籍『"楽器可防音マンション経営"で実現する鉄壁の資産防衛』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

"楽器可防音マンション経営"で 実現する鉄壁の資産防衛

"楽器可防音マンション経営"で 実現する鉄壁の資産防衛

大塚 五郎右エ門

幻冬舎メディアコンサルティング

資産を守り抜くには「投資」で増やすしかない時代―― しかし、株や債券、投信といった人気商品はリスクばかりが大きく、資産を食い潰す危険性をはらんでいます。長期にわたり安定した収入を得るために、いまもっとも注目すべ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ