サポート体制などから探る「アイデアソン」の問題点

前回に引き続き、アイデアソンが抱える「課題」とは何かを見ていきます。※本連載は、コミュニティデザイナーとして活躍する須藤順氏と、エイチタス株式会社の代表取締役である原亮氏の共著、『アイデアソン!アイデアを実現する最強の方法』(徳間書店)の中から一部を抜粋し、アイデアソンの概要と、アイデアソンを実際に取り入れたことで、企業にどのような好影響が表れたのかを紹介します。

事業化まで責任を持ってフォローできる組織は少ない

前回に引き続き、アイデアソンが抱える問題について検証する。

 

⑤実現へ向けたサポート体制の欠如

 

アイデアソンで生まれたアイデアを実際に実現させるまでには大きな溝がある。そのため、出されたアイデアやプロトタイプの具体化へ向けては、コンサルティングを含めたトータルなサポート体制が不可欠となる。

 

企業内で開催する場合は、そこで生まれたアイデアに対して、開発経費の提供やチームでの取り組みをプロジェクト化することで実現できる可能性は高まる。しかし、イベント型で開催した場合は、開発経費がないことに加え、だれが責任を持って開発を進めるのかといった問題が生まれる。

 

ハッカソンから生まれた代表的な商品・サービスとしては、ウェアラブルおもちゃ「Moff Band」があるが、これらの場合を見ても、ハッカソンで創出したアイデアがその後、さまざまな経緯をたどり、形を変えて商品化に至っている。つまり、実現に向けてはアイデアソン後が重要といえる。

 

現状、アイデアソンのファシリテーションや運営を担う組織や団体は生まれているものの、そこで生まれたアイデアを実際に立ち上げ、事業化まで責任を持ってフォローできる組織は少ない。そのため、どうしてもイベント的な要素が強くなりがちで、散発的な感が否めないという実態もある。

まだまだ足りない企画や運営をマネジメントできる人材

⑥不足するファシリテーターとチームの存在

 

最後に、場づくりとアイデア創出、コンサルティングをトータルにファシリテーションできる人材・チームの不足が挙げられる。

 

アイデアソン全体の企画や運営をコーディネートでき、場をマネジメントすることのできる人材は決して多いわけではない。特に、全体での合意形成を図ることが狙いでもないため、一般的なワークショップや対話型のファシリテーションスキルだけではなく、技術など多方面の領域に対する見識と、アイデア創出・収束手法を状況に合わせて使いこなせる高い能力が求められる。

 

また必要に応じ、ビジネスモデルに対してアドバイスをするようなコンサルティングの知識や他のコミュニティなどをつないでいくコネクティング能力など、求められる能力は多岐にわたる。

 

実際、現在実施されるアイデアソンにおいては特定の人材がファシリテーターを務めることが多く、暗黙知としてブラックボックス化している面もあるため、今後はアイデアソンのファシリテーターが有する能力の可視化や、スキルやノウハウのオープン化も必要になると考えられる。

 

オープンイノベーションやコ・クリエーションを生み出すことが期待されるアイデアソンはこれまでのワークショップとは異なり、具体的成果を生み出すための仕掛けがちりばめられている。特に大事なのは、アイデアソンは、ファシリテーターと運営スタッフ、事務局、そして参加者が一緒に作り上げる1つのアートだということである。

 

もちろん、アイデアソンを機能させるには多くの課題がある。しかし、その場で出会い、時間と空間をともにしながら一緒に価値創造へ向けて協働、共創していくことそれ自体がアイデアソンの最大の価値だと言えよう。

 

高知大学地域協働学部 専任講師
博士(経営経済学)
社会福祉士 

専門は、社会的企業論/社会起業家論、コミュニティデザイン論。医療ソーシャルワーカー従事後、医療関連施設の立ち上げ、福祉施設の経営コンサルティングに参画。その後、中間支援機関においてコミュニティビジネス/ソーシャルビジネスのコンサルティング、コミュニティデザイン支援、農商工連携/6次産業化等の支援を担当。(独)中小企業基盤整備機構リサーチャー等を経て、現職。ビジネス・ブレークスルー大学非常勤講師、(独)中小企業基盤整備機構TIP*S人材支援アドバイザー等。アイデアソンファシリテーターのほか、ローカルイノベーション創出、起業家育成、地域づくり、コ・クリエーション創出に向けた実践とサポート、研究を全国各地で展開。

著者紹介

エイチタス株式会社 代表取締役

1974年生まれ。法政大学法学部政治学科卒。編集者・ライターを経てモバイル業界に転身。営業、ディレクター、取締役等を歴任したのち、2009年、地元行政、企業と「みやぎモバイルビジネス研究会」を立ち上げ。ITベンチャーでの経験を活かしながら、地域で自走する人や組織、社会を作るための活動を展開。2014年「GlobalLabSENDAI」代表幹事。2016年エイチタス株式会社を設立。企業、自治体などあらゆる組織、テーマでの価値の探索のサポートを展開している。

著者紹介

連載アイデアを実現する最強の方法「アイデアソン」の基礎知識

サラリーマンを「副業」にしよう

サラリーマンを「副業」にしよう

俣野 成敏

プレジデント社

「老後2000万円問題」「働き方改革」「残業規制」…等々。政府も会社も「自助努力でなんとか生きよ」と突き放す中、コロナ・ショックによる「リストラ」が、さらに追い討ちをかけています。一方で、自己責任の名のもとに「副業…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧