アイデアソンを成功させるための「運営」のポイント

今回からは、アイデアソンを成功させるための「運営」のポイントを見ていきます。※本連載は、コミュニティデザイナーとして活躍する須藤順氏と、エイチタス株式会社の代表取締役である原亮氏の共著、『アイデアソン!アイデアを実現する最強の方法』(徳間書店)の中から一部を抜粋し、アイデアソンの概要と、アイデアソンを実際に取り入れたことで、企業にどのような好影響が表れたのかを紹介します。

参加者に考えてほしい領域や方向性を明確にしておく

アイデアソンは多くの場合、単に実施することが目的ではなく、アイデアを成果という形にすることが求められる。そのためには、主催者側が押さえておかなくてはならないいくつかのポイントがある。それらを順に解説しよう。

 

①インプットにより情報をいかに正確に提供できるか

 

アイデアソンの成果は、インプットで提供する情報の質や濃度、設定されるルール(一定の限定制約)の有無により左右される。だれもまだ気づいていない問題を見つけ、「これが欲しかった」と思えるようなイノベーティブなアイデアを生み出す前提条件として、インプットフェーズの設計は重要となる。

 

インプットにおける情報提供は、参加者の問題意識や視点、モチベーションに留まらず、アイディエーションの幅や質へも影響を与える。インプットが曖昧であったり、フォーカスすべき領域やテーマが練りきれていない場合には、主催者側が期待する方向とは異なるアイデアへ関心が集まってしまうといったこともある。

 

ポイントは2つある。1つは、インプットによって参加者の意識の中に一定の制約を与えることだ。必要な情報をすべて提供するのではなく、アイデアソンの中で参加者に考えてほしい領域や方向性を提示し、アイデア創出の幅を一定程度狭めておくことが望ましい。

 

もう1つは、現場の追体験を意識した話題提供を行うことである。特に課題にフォーカスする必要がある場合は、インプットにおいて現場の課題をできるだけ深いレベルで共有できるような仕掛けが必要となる。

 

たとえば、一般論ではなく、個別具体的な問題に焦点を当てることや、専門家などではなく、実際に課題を抱えている当事者による悩みを報告してもらうといったことも方法の1つである。

 

ここが甘くなると、課題設定が不明確になり、その結果、課題解決につながるアイデアとはかけ離れたものになってしまう。

 

どういう成果へ結び付けたいのかによってインプットの中身、話題提供者の選定、活用するアイデア創出の手法なども変わってくることを念頭に、インプット部分の設計を行うことが重要となる。

イベントの開催目的、最終目標を設定・明確化

②ゴールの位置づけ

 

アイデアソンの設計においては、出口戦略の位置づけを明確にしておくことが望ましい。

 

イベントの開催が目的なのか、サービスを実際に市場投入することを目指すのが目的なのか、人材育成が目的なのか、目的によってどういった出口戦略、ゴールを描くかは変わる。

 

イベント開催が目的であれば、特段成果についてコミットしない場合もあれば、賞金を提供し、その後は参加者自身に委ねる場合もある。一方、市場投入までも視野に入れているのであれば、アイデアソン後のフォローアップが不可欠となるし、開発経費や開発環境の提供、コンサルティング等のサポートも必要となる。

 

いずれにしても、どういった出口を想定するのかによりアイデアソンの全体設計やプログラム、必要となる資源が異なる。より効果的なアイデアソンとするためには、まずは出口戦略の明確化が大切になる。

 

この話は次回に続く。

高知大学地域協働学部 専任講師
博士(経営経済学)
社会福祉士 

専門は、社会的企業論/社会起業家論、コミュニティデザイン論。医療ソーシャルワーカー従事後、医療関連施設の立ち上げ、福祉施設の経営コンサルティングに参画。その後、中間支援機関においてコミュニティビジネス/ソーシャルビジネスのコンサルティング、コミュニティデザイン支援、農商工連携/6次産業化等の支援を担当。(独)中小企業基盤整備機構リサーチャー等を経て、現職。ビジネス・ブレークスルー大学非常勤講師、(独)中小企業基盤整備機構TIP*S人材支援アドバイザー等。アイデアソンファシリテーターのほか、ローカルイノベーション創出、起業家育成、地域づくり、コ・クリエーション創出に向けた実践とサポート、研究を全国各地で展開。

著者紹介

エイチタス株式会社 代表取締役

1974年生まれ。法政大学法学部政治学科卒。編集者・ライターを経てモバイル業界に転身。営業、ディレクター、取締役等を歴任したのち、2009年、地元行政、企業と「みやぎモバイルビジネス研究会」を立ち上げ。ITベンチャーでの経験を活かしながら、地域で自走する人や組織、社会を作るための活動を展開。2014年「GlobalLabSENDAI」代表幹事。2016年エイチタス株式会社を設立。企業、自治体などあらゆる組織、テーマでの価値の探索のサポートを展開している。

著者紹介

連載アイデアを実現する最強の方法「アイデアソン」の基礎知識

サラリーマンを「副業」にしよう

サラリーマンを「副業」にしよう

俣野 成敏

プレジデント社

「老後2000万円問題」「働き方改革」「残業規制」…等々。政府も会社も「自助努力でなんとか生きよ」と突き放す中、コロナ・ショックによる「リストラ」が、さらに追い討ちをかけています。一方で、自己責任の名のもとに「副業…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧