資産、コレクションetc――人が宝石を持つ「4つの動機」

今回は、人が宝石を持つ「4つの動機」について見ていきます。※本連載は、諏訪貿易株式会社の会長として、世界各国の宝石および宝飾関連業者とのビジネスを行っている諏訪恭一氏の著書、『価値がわかる 宝石図鑑』(ナツメ社)の中から一部を抜粋し、主要な宝石について、その価値や品質、選び方などを紹介します。

宝石はまさに「人生の友」

人は経済的に余裕ができると宝石を持ちたいと願います。宝石はその時々の豊かな国に集まります。人が宝石を持つ動機は、4つに分けて考えられます。

 

宝石を持とうと決めるときに主目的はあっても、どれか1つだけの動機ではありません。たとえば、2ctの高品質のダイヤモンドは資産として有効であるだけでなく、年を重ねた相応の方には実際に身に着けて楽しめる宝石です。一つのモチーフをコレクションとして集めながら、他のいろいろな宝石と組み合わせて装身具としても楽しめます。

 

婚約指輪は小粒のソリテールリングを選んでしまうと儀式のための道具で終わってしまいますが、エタニティリングというスタイルを選べば一生楽しめる装身具として価値を発揮します。宝石は高価なものなので、先々をよく考えて選び、豊かな人生の友にしてください。

資産として持つ――インフレに強いダイヤモンド

資産として持つことは、昔から多くの人が実践し、長期的にはその目的が果たされています。

 

たとえば現在、卸価格が100万円くらいのラウンドブリリアントカットダイヤモンドの中級品質は1900(明治33)年には200円でした。なんと110年あまりで5000倍になっているのです。

 

他の物価も調べてみると、公務員の給料は約4000倍になっています。これは裏を返せば、宝石の価値が上がったのではなく、貨幣価値が下落したということです。ダイヤモンドの価値は変わらず、インフレに強かったということです。

 

プラチナダイヤモンドリング2ct(個人蔵118)
プラチナダイヤモンドリング2ct(個人蔵118)

コレクションとして持つ――特定の宝石のみ集める人も

コレクションとして持つには、さまざまな切り口があります。たとえばルビー、サファイヤ、エメラルドなど特定のカラーストーンに興味を持って集めることもあるでしょうし、アンティークジュエリーのコレクション、アートやデザイナーのコレクションなど多彩です。

 

同じモチーフのコレクション。左からダイヤモンドリング(119)、ツァボライトリング、ダイヤモンドペンダント、ルビーペンダント(120)、(すべて個人蔵)
同じモチーフのコレクション。左からダイヤモンドリング(119)、ツァボライトリング、ダイヤモンドペンダント、ルビーペンダント(120)、(すべて個人蔵)

装身具として持つ――人の力を発揮する手助けにも

装身具として持つことが、現在では一番多い動機でしょう。単におしゃれを楽しむだけでなく、宝石は人の力を発揮する手助けをしてくれます。宝石のイヤリングは着けた人を若々しく見せますし、指輪の重ね着けはセンスのよさを発揮できます。

 

多くの人は身の丈に合った本物のおしゃれをするために工夫をしますが、やはり何回か試して経験して初めて「自分にとっていいもの」を見つけられるようです。

 

ギロッシュエナメルのブローチ(個人蔵121)彫刻されたシルバーの上にエナメルを盛って表情を出している。裏面はゴールドを使用。1860年頃のイギリス製
ギロッシュエナメルのブローチ(個人蔵121)彫刻されたシルバーの上にエナメルを盛って表情を出している。裏面はゴールドを使用。1860年頃のイギリス製

道具として持つ――宗教的な意味を持つ宝石も

最後は道具として宝石を持つことです。不祝儀の際に着ける黒のネックレスや、婚約指輪がその例です。また、ロザリオや数珠などは宗教的な道具としての側面を持っています。いま流行しているパワーストーンやヒーリングストーンも、幸運やいやしを願う道具だと考えられます。

 

クロチョウ養殖真珠のネックレス(個人蔵122)不祝儀の際に用いられることが多い
クロチョウ養殖真珠のネックレス(個人蔵122)不祝儀の際に用いられることが多い

諏訪貿易株式会社 会長

慶應義塾大学経済学部卒業。
1965年米国宝石学会(GIA)宝石鑑別士(G.G.)資格を日本人第一号として取得。
1983〜1985年、CIBJO(国際貴金属宝飾品連盟)色石委員会副委員長。
1985〜1989年、ICA(国際カラーストン協会)執行委員。
1991〜2001年、NHK学園ジュエリー講座講師。
1995〜1996年、(社)日本ジュエリー協会宝石部会ダイヤモンド小委員会委員長。
1997〜1999年、(社)日本ジュエリー協会理事。
北米、南米、欧州、東南アジアなどへの海外出張は330回にも及び、世界各国の宝石および宝飾関連業者とのビジネスを展開。精度の高い情報収集活動および研究を行っている。

【主な著書】
『宝石―品質の見分け方と価値の判断のために』(1993年 世界文化社)
『宝石2 ダイヤモンドとカラーストーンの価値の決まり方』(1998年 世界文化社)
『宝石3 ジュエリー―その品質と価値の見方』(2000年 世界文化社)
『ダイヤモンド―原石から装身具へ 』アンドリュー・コクソン共著(2009年 世界文化社)
『指輪88―四千年を語る小さな文化遺産たち』宝官優夫共同監修(2011年 淡交社)
『決定版 宝石 品質の見分け方と価値の判断のために』(2013年 世界文化社)
『価値がわかる宝石図鑑』(2015年 ナツメ社)

著者紹介

連載富裕層のための「良質な宝石」の見極め方

価値がわかる 宝石図鑑

価値がわかる 宝石図鑑

諏訪 恭一

ナツメ社

宝石とは大自然が生み出し、美しく永く身に着けられて価値を持ち続けるもの。本書では、主要な宝石について、美しいジュエリーの写真とともにその価値や品質、選び方などを丁寧に紹介しました。品質・市場価値の目安を3段階で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧