▲トップへ戻る
視界異常と頭痛がセットでやってくる・・・原因は何か?

前回に引き続き、目の「光・色の感じ方」の変化から探る病気のサインを、Q&A方式で探っていきましょう。今回は、視界異常と頭痛がセットでやってくるケースなどを取り上げます。

睡眠不足、ストレスなどが引き金に

Q:はじめて症状が出たのは高校3年のときでした。ふと気づくと、視界の左側の中央辺りに小さな泡状の点があり、徐々にその点が大きくなっていき、だんだん左側に消えていきます。その後約2~3時間ほど頭痛に悩まされます。

 

この症状が出たときに額の中央あたりで手を広げて、手を見ると「手の左側」がなくなって見えます。「真っ白に見える」というわけではなく、「手のひらが消えて見える」のです。眼科や脳神経外科で相談してもわからないと言われました。何が起きているのでしょうか?

 

A:この症状は典型的な前駆症状を伴う片頭痛ではないかと思います。閃輝性暗点といって視野の周辺から見えない部分があらわれ、それがギザギザに光る波のようなものとして視野の中心に広がってきます。頭痛の原因は現在もはっきりとは解明されていませんが、血管の異常な拡張によって起こると考えられています。

 

発作が起きたときに少しでも痛みを緩和するには、薬物治療が必要です。内科医に相談されるといいでしょう。

 

また発作が起こるには誘因があり、その原因を避けるように普段から予防手段をとることが大切です。特に、睡眠不足、睡眠過多、過度の飲酒、ストレスなどが原因の場合が多いため、規則正しい生活を心がけてください。

たびたび「閃輝性暗点」が起こるなら脳のチェックを

Q:朝目覚めて1時間後、鏡の前で化粧をしていたら、急に視野の左下半分に透明なキラキラの輸が見えてきました。白く濁ったり黒くなるなど見え方は変化し、輪の中は透明なモヤモヤがあるように見えます。そのためうまくアイラインが引けない状態でした。両目で見ても左右どちらかを閉じても同じ状態です。

 

症状は2カ月前にもありましたが、前回も今回も10分程度で治まります。その後は何の症状もありません。両目共の症状なので、脳外科の領域でしょうか?

 

A:「閃輝性暗点」といいますが、よくあるものでは片頭痛によるものがあります。片頭痛では今回のような症状が前兆として起こってから頭痛が始まります。一時的に脳の一部の血流が悪くなるような状況によって起こると考えられています。

 

閃輝性暗点のみが起こって頭痛を伴わない場合もありますが、脳外科的な異常がある場合があります。何回も起きるようなら神経内科もしくは脳神経外科で診察を受けたほうがよいでしょう。

日本眼科学会認定眼科専門医
指導医 

1998年名古屋大学医学部卒業後、社会保険中京病院に勤務。
2000年、社会保険中京病院眼科医員。
2005年ハーバード大学 Massachusetts Eyeand Ear Infirmary 留学。2006年、イリノイ大学眼科留学。2012年慶應義塾大学医学部大学院卒業博士号取得。同年、岐阜赤十字病院眼科主任部長、名古屋アイクリニック角膜・眼表面担当医に就任。白内障、レーシック、フェイキックIOLから角膜移植術、角膜クロスリンキング、眼瞼手術など最先端の手術をマルチにこなす。2011年~2015年までの手術実績約3700眼。
慶應義塾大学医学部 眼科学教室 非常勤講師。
大連医科大学客員教授。
中華人民共和国 非常勤医師免許取得。
ICLインストラクター。
トラベクトームインストラクター。

著者紹介

連載目の違和感は病気のサイン!? 見え方の変化Q&A

 

目の悩み・疑問がスッキリ解決する500のQ&A

目の悩み・疑問がスッキリ解決する500のQ&A

小島 隆司

幻冬舎メディアコンサルティング

「白内障の手術受けるべき?」「目がかすんで見えるけど、これって病気?」ウェブ上の「眼科相談室」には、毎日全国の方々からたくさんの悩みが寄せられています。著者は、約10年間にわたって約6000件以上の質問に丁寧に答え…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧