赴任先で直面した通貨危機 経営者として得た経験値とは?

前回は、突然やってきた「通貨危機」に、タイ赴任中だった筆者はどのような状況に陥ったのかを紹介しました。今回は、タイで「通貨危機」に直面した筆者が取った対応を見ていきます。

タイ国内の日系企業からの発注もほとんどゼロに

通貨危機が起こってしまってから、私たちは遅ればせながら対応を考え始めました。

 

一つは、営業に「動くな」と命じたこと。営業してもしばらくは仕事がとれないのは目に見えていましたし、バンコク往復で約300㎞。ガソリン代や経費もばかにならないので、動かずに様子を見ろと指示を出しました。

 

次に、仕事と収益の確保です。この危機で、操業前にあてにしていたタイ国内の日系企業からの発注はほとんど期待できなくなりました。

 

そこで日本の本社に連絡して、国内でやるべき仕事をタイにまわしてもらったり、タイでもできる仕事を新たにつくって発注してもらったりして、なんとか資金繰りをよくする方向で便宜を図ってもらい急場を凌ぎました。タイ工場の操業直後からこんなことになるとは思ってもいませんでしたが、背に腹は代えられません。

 

この時驚いたのは、以前から本社で付き合いのある日本の銀行のタイ支店に融資を申し込んだところ、断られてしまったことです。仕方なく先代に相談すると、

 

「それが貸し渋りというもんだ」

 

と愉快そうに笑っていました。先代にとっては、入社6〜7年目でまだまだひよっ子だった私を鍛えるためにこのミッションを授けたのでしょうから、この苦境はむしろ歓迎していたのかもしれません。

 

こうして私はタイに赴任すること約4年、通貨危機という想定外の苦境に見舞われましたが、なんとかそれを脱することができ、工場も本格稼働したのを見届けて、ミッションを達成することができました。

経営者としてのスタートとなったタイでの経験

この時学んだ危機管理の大切さ、人心掌握のポイント、異文化への対応ノウハウ、為替の怖さ等は、そのままいまの経営者としての私の大きな経験値となっています。

 

いまでは私の経営者としてのスタートはタイにあったと思えるし、そのスタートが「苦境」だったことが、私の経営哲学の一つの要諦を形成していると思えるようになりました。

 

そもそもオキツモという企業を継ごうと思ったのは、タイでの体験があったからでした。通貨危機をなんとか乗り越え、操業も順調に回転しだしたのを見て、私は自分の中に経営という素養があることを感じられたのです。

 

――いつかはこの会社のトップとして、社員を牽引していくんだ。

 

そう思えるようになりました。その意味でも、大きなタイでの経験でした。

 

[図表1]タイ現地法人 オキツモ・インターナショナル(アジア)の業績推移

 

[図表2]オキツモ・インターナショナル(アジア)設立当時

 

[図表3]オキツモグループ 利益内外比率(左)と売上高内外比率(右)

オキツモ株式会社 代表取締役社長

1967年生まれ。三重県出身。耐熱塗料やフッ素樹脂塗料など、世界トップシェア製品を次々と生み出すオキツモ株式会社の後継者として1992年、大学卒業と同時に入社。1996年オキツモ・インターナショナル(アジア)代表取締役社長、2000年オキツモ株式会社常務取締役を経て、2002年に同社代表取締役社長に就任。

著者紹介

連載山間の中小企業が「世界トップシェア」の製品を生み出せたワケ

本連載は、2016年10月14日刊行の書籍『世界トップシェアを勝ち取った田舎の小さな工場の奇跡』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

世界トップシェアを勝ち取った 田舎の小さな工場の奇跡

世界トップシェアを勝ち取った 田舎の小さな工場の奇跡

山中 重治

幻冬舎メディアコンサルティング

日本の製造業は成熟期を迎え、国内市場は縮小しています。大手メーカーは海外に市場を求め、海外での現地生産を加速していますが、海外に拠点を持たない国内の中小企業は、生き残りをかけた熾烈な競争を余儀なくされています。…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧