(※写真はイメージです/PIXTA)

安定のイメージが強い公務員。なかでも国家公務員は、年金額や退職金額も高いケースも多く老後も問題なさそうにみえます。しかし、いくら老後資金があっても、いざというときの事前対策を怠っていると、家族に迷惑をかけることも。特筆すべきは、生涯医療費の約半分が70歳以降にかかること。日本は公的医療制度が整っているからと慢心している人は要注意……。本記事ではAさんの事例とともに、老後資金の落とし穴について、合同会社エミタメの代表を務めるFPの三原由紀氏が解説します。

72歳の元国家公務員、妻亡きあとにハマったこと

元国家公務員のAさんは現在72歳、3年前に妻に先立たれ、現在は湾岸にあるタワマンで悠々自適に1人暮らしをしています。

 

子供は42歳になる息子が1人いますが、お嫁さんの実家に近い北海道で暮らしています。コロナ禍で帰省してくる回数も減り、妻の3回忌の法要でしばらくぶりに顔をあわせたのが昨年秋のことです。

 

疎遠とまではいわないもののあっさりした父子関係といえるでしょう。これが娘だったら、あるいは、妻が存命だったら、もう少し交流があったかもしれないな、と想像してみたこともありますが……いずれにしても経済的に自立して家族を養っている息子のことを想うと十分に親孝行してくれているじゃないか、と自分を納得させるしかないAさんでした。

 

Aさんの節約生活

そんなAさんですが、親しい知人たちのあいだで倹約家として知られています。図書館のヘビーユーザーであることはいわずもがな、定価販売で値段が高いコンビニには行かないようにしています。

 

そんなAさんが唯一お金をかけているのは住まいです。地方出身であった妻が自分の家の窓から都会的できらびやかな夜景のみえるタワマンに住みたいという願いを叶え、購入したものです。妻との思い出が詰まったタワマン。維持費がかかるものの、築古となって購入時より価値は下がりましたが売却できても売りたくないと思っています。

 

最近Aさんが少しお金をかけるようになったことがもうひとつあります。それは、会員制スポーツジム通いです。

 

独りになって自宅に引きこもりがちではないかと心配した息子の嫁が近所のスポーツジムの入会キャンペーンを調べてメールで教えてくれたのがきっかけでした。ジムといえば公共体育館のトレーニング室止まりのAさんでしたが、体験入会をしてみたところ、思いのほか気に入ってしまい、いまでは日課となっています。「ジャグジーがあるから、昨今のインフレ対策として水道光熱費の節約になるし、気持ちはいいし、一石二鳥だよ」とご満悦です。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【税金】7月23日(火)開催
「富裕層を熟知した税理士」が教える
2024年最新【所得税×インフレ】対策
~今後の手残りが3割変わる!?「所得税対策」~

 

 

次ページある日のトレーニング中「あれ、なんかおかしいぞ」

※プライバシー保護の観点から、相談者の個人情報および相談内容を一部変更しています。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録