“地味な人”扱いだったが…月収20万円の25歳契約社員が「まさかの独立」→1年で大成功も、元同僚たちが驚かなかったワケ【経営コンサルタントが解説】

“地味な人”扱いだったが…月収20万円の25歳契約社員が「まさかの独立」→1年で大成功も、元同僚たちが驚かなかったワケ【経営コンサルタントが解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)

起業と聞くと「特別なスキルや才能、資産がなければ成功しない」と考える人は少なくありません。しかし、日本では1日におよそ400社近くの法人が設立されています(東京商工リサーチ:2022年「全国新設法人動向」調査より)。今回、経営コンサルタントの鈴木健二郎氏が、起業に対するイメージが変わるかもしれない具体的な事例を紹介します。

会社では“地味なオタク”のレッテルを貼られていたTさん

あなたの会社にも、派手な成果を上げるわけでもなくどちらかというと目立たないが、ある特定の分野ではものすごい知識と情熱を持ち合わせている、いわゆる“オタク気質”の人はいないだろうか。

 

残念ながらたいていの場合、こうした人の周囲からの評価は高くなく、普段は「変わった人」「地味」といったレッテルを貼られ、重宝されているとは言い難いケースが少なくない。

 

都内にある、30人ほどの従業員を持つシステム会社に契約社員として勤めていたタクミさん(仮名・25歳)も、そんなうだつの上がらないエンジニアのひとりだ。

 

アニメやゲームに対する情熱が人一倍強い青年だったタクミさんは、与えられた仕事を一応はこなせるものの、勤務中は淡々としているため、周囲からは「大人しくて地味な人」という印象を持たれていた。

 

彼の専門知識が仕事のパフォーマンスに直接活かされることもないため、職場では彼の強みが十分に理解されていない。収入も成果報酬型であるため、平均すれば月収20万円をキープしていたものの、時にはほとんど収入のない月もあった。

 

目立たない存在だったタクミさんの「転機」

そんな鳴かず飛ばずなイメージだったタクミさんに、あるとき、とんでもない転機が訪れる。

 

アニメ関連の業務を任されたことがきっかけで、タクミさんは人知れず持っていたデータ分析能力を開花させ、大きな成果を残すことができたのだ。

 

自分でも驚いた彼は、その経験を活かして独立し、彼独自のビジネスを興すことに成功。わずか1年で飛躍的に成長し、年商5,000万円にまで成長させることができたのである。

 

タクミさんの成功の裏には、本人が「無形資産」の存在に気づき、それを最大限に活用できたことがある。

 

無形資産とはいわゆる「財産リストには載らない資産」のことであるが、誰しも持っているものでありながら、見えないがゆえに気づかないことも多い。

 

注目のセミナー情報

【事業投資】5月25日(土)開催
驚異の「年利50% !?」“希少価値”と“円安”も追い風に…
勝てるBar投資「お酒の美術館」とは

 

【国内不動産】6月1日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

次ページ「潜在能力×こよなく愛するアニメ」で才能が開花

※プライバシー保護のため、登場人物の情報は一部変更しています。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧