2024年3月11日(月)の日経平均株価をはじめ、日経平均寄与度の上位と下位銘柄、業種別騰落ランキング、東証プライム市場に上場している個別株式の騰落率ランキングなどをお伝えします。

3月11日の日経平均株価は、先週末の米株市場の動きや足元の大幅な円高が嫌気されたとみられ、寄り付きから大幅に下落してはじまると、下落幅が一時1,000円超となるなど、終日軟調な展開に。前日比868.45安の38,820.49円と、今年最大の下落幅で取引を終了しています。日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がりが31銘柄、値下がりが193銘柄、変わらずが1銘柄。

 

日経平均株価の寄与度下位は、東京エレクトロン〈8035〉、ソフトバンクグループ〈9984〉、アドバンテスト〈6857〉、ファーストリテイリング〈9983〉、信越化学工業〈4063〉となり日経平均を押し下げた一方、寄与度上位は、オリンパス〈7733〉、リクルートホールディングス〈6098〉、大日本印刷〈7912〉、アステラス製薬〈4503〉、任天堂〈7974〉となりました。

 

また、東証プライム市場の売買高は20億2,800万株、売買代金は5兆2,687.62億円となり、前日と比べて減少。

 

業種別では、パルプ・紙、その他製品が上昇した一方、鉱業、銀行業、証券業、鉄鋼、機械などが下落しました。

 

東証プライム市場の個別銘柄の値上がり上位は、1位がソースネクスト〈4344〉で+80円(+39.80%)の281円、2位がインフォコム〈4348〉で+500円(+22.88%)の2,685円、3位が丹青社〈9743〉で+90円(+11.12%)の899円となりました。

 

一方、値下がり下位は、1位が1位が三井E&S〈7003〉で-500円(-19.58%)の2,053円、2位がさくらインターネット〈3778〉で-1,500円(-18.47%)の6,620円、3位がシーイーシー〈9692〉で-328円(-17.46%)の1,551円で取引を終えました。

 

なお、年初来高値を更新したのは39銘柄、年初来安値を更新したのは23銘柄でした。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【教育】4月29日(月・祝)開催
医学部専門予備校が教える
「国公立/私立」医学部逆転合格の秘訣
本セミナー参加者に限定オファー&書籍プレゼント

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

※本メディアおよび本メディアの記事は、投資の促進や、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、ご自身の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、株式会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録