税務調査官「旅行がお好きだったんですか?」遺産は<預金500万円と実家のみ>のはずが…年収720万円の55歳サラリ-マンが「多額の追徴課税」を受けたワケ【税理士が警告】

税務調査官「旅行がお好きだったんですか?」遺産は<預金500万円と実家のみ>のはずが…年収720万円の55歳サラリ-マンが「多額の追徴課税」を受けたワケ【税理士が警告】
(※写真はイメージです/PIXTA)

税務調査といえば、個人事業主や富裕層といった一部の人以外には無関係に聞こえるかもしれません。しかし、実際には誰もが税務調査の対象で、さらに「資産を持っている」ことに無自覚であるほど、税務調査官に狙われてしまいます。今回、多賀谷会計事務所の現役税理士・CFPの宮路幸人氏が、具体的な事例をもとに“思わぬ追徴課税”を防ぐポイントについて解説します。

相続財産は「実家と預金のみ」のはずが…Aさんの悲劇

2年前に父親を亡くしたひとりっ子のAさん(55歳・年収720万円)は、都内の企業で経理課長として勤務するサラリーマンです。

 

ある日母親から「なんか相続税のことで今度税務調査が入ることになったんだけど……当日、一緒に立ち会ってくれない?」と連絡がありました。

 

父の相続財産は実家と預金のみ。経理課長のAさんは数字にも強いため、わざわざ専門家に頼むのはめんどうだし、なにより費用がもったいないと、相続税の申告書は自分で作成し、提出していました。

 

「相続財産は多くなかったはずだけど……税務署も暇だなあ」と、Aさんは不思議に思っていたそうです。

 

調査当日、訪れた調査官から「お父さまはご旅行がお好きだったんですか?」との質問が。結果、相続税の申告漏れを指摘され、Aさんは約500万円の追徴税額を課されることに……いったいなぜこのような悲劇が起きてしまったのでしょうか。

 

輸入販売事業を手がけていたAさんの父

Aさんの父は生前、家具や絵画、骨とう品などの輸入販売業を営んでいました。経営は順調でしたが、若いうちから働きずくめであったこともあり、10年ほど前に引退・廃業したそうです。

 

引退後は、夫婦で頻繁に海外旅行へ行っており、趣味でもあった絵画や骨とう品の掘り出し物などを収集していました。

 

税務調査官「お父さまは輸入販売業を営んでいたとお聞きしましたが、海外へはよく行かれたのですか?」

 

Aさん「そうですね。事業をやめてからもよく夫婦で行ってました。絵画や骨とう品は父の趣味でもあったので、かなりお金を使ったみたいですね。現金で残してくれたほうが母も私もありがたかったのですが(笑)」

 

税務調査官「そうでしたか。お父さんは絵画がお好きだったんですか?」

 

Aさん「はい。仕事の関係もあって、かなり入れ込んでいたみたいですね。母も私もまったく興味がないので、これ以上こんなもの買わないでと頼んでいたんですが……ご覧のとおりです」

 

税務調査官「絵画や骨とう品が全部でどのくらいあるか知りたいので、すべてみせていただけますか?」

 

Aさん「え、ええ。かまいませんが……何か問題でも?」

 

その後、調査官はすべての絵画等を写真に収め、その日の調査は終了しました。

 

次ページAさんが税務調査官から告げられた「衝撃のひと言」

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ