(※写真はイメージです/PIXTA)

「下流老人」「老後破産」…なんとも辛い言葉が多くなった昨今。老後に必要なお金、貯められていますか?

年齢によって「年金受給額」に大きな差が開く

国税庁『令和4年分 民間給与実態統計調査結果』によると、1年を通じて勤務した給与所得者の平均給与は458万円です。令和3年度は443万円でしたから、15万円分、数値を上げています。

 

1年を通じて勤務した給与所得者の平均賞与は72万円で、令和3年度の67万円から5万円上がる結果となりました。

 

平均給与458万円ですと、ボーナスなどを含めない場合、月の収入では38万円ほどになります。前年の収入によって多少の差はあるものの、手取りはざっと30万円ほど。子どもを抱える世帯などには貯蓄が難しいことは容易にうかがえる金額です。老後の生活資金を貯めるのは二の次という家庭も多いことでしょう。

 

ならば年金暮らしで…と考えたいところですが、厚生労働省『令和4年 厚生年金保険・国民年金事業の概況』によると、厚生年金保険(第1号)受給者は3,598万人で、受給者平均年金は月額約14万4,982円。「年金+α」での生活が求められていることは間違いないといえましょう。

 

今後もさらなる先細りが懸念される年金ですが、今現在の受給者は月額でいくらほどもらっているのでしょうか。厚生労働省『令和4年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況』を見ていきます。

 

同調査では「年齢別老齢年金受給権者数及び平均年金月額」を調査しています。厚生年金・老齢年金については、受給権者数は全国に1,600万人。平均年金月額は14万3,973円です。下記が年齢別の平均年金月額になります。

 

【60代】

60歳・・・9万4,853円

61歳・・・9万1,675円

62歳・・・6万1,942円

63歳・・・6万4,514円

64歳・・・7万9,536円

65歳・・・14万3,504円

66歳・・・14万6,891円

67歳・・・14万5,757円

68歳・・・14万3,898円

69歳・・・14万1,881円

 

【70代】

70歳・・・14万1,350円

71歳・・・14万212円

72歳・・・14万2,013円

73歳・・・14万5,203円

74歳・・・14万4,865円

75歳・・・14万4,523円

76歳・・・14万4,407円

77歳・・・14万6,518円

78歳・・・14万7,166円

79歳・・・15万8,877円

 

【80代】

80歳・・・15万1,109円

81歳・・・15万3,337円

82歳・・・15万5,885円

83歳・・・15万7,324円

84歳・・・15万8,939円

85歳・・・15万9,289円

86歳・・・15万9,900円

87歳・・・16万732円

88歳・・・16万535円

89歳・・・15万9,453円

 

なお、厚生年金の受給額のボリュームゾーンは「9~10万円」「10~11万円」でそれぞれ約112万人。次いで「17~18万円」が約106万人、「16~17万円」が約104万人と続きます。

次ページ約半数の高齢者が「年金だけ」で暮らしている現実

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ