(※写真はイメージです/PIXTA)

※本稿は、チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏(三井住友DSアセットマネジメント株式会社)による寄稿です。

 

●先週は海外投資家が現物を9,557億円買い越しており、資本効率改善などへの期待は継続中。

●海外投資家は先物も買い越し、これが裁定取引を通じ自己の現物買い越し2,995億円に寄与。

●個人と投資信託は売り越しに、先週の株高は昨年同様、海外投資家と事業法人、自己が主導。

先週は海外投資家が現物を9,557億円買い越しており、資本効率改善などへの期待は継続中

1月15日付レポートでは、先週の日経平均急騰を主導した投資主体について、1月19日に日本取引所グループが公表する「投資部門別売買状況」で確認できると説明しました。昨日、その資料が公表されましたので、以下、主な投資主体である、海外投資家、個人、投資信託、事業法人、信託銀行、自己(証券会社の自己勘定)を中心に、先週、1月第2週(9日~12日)の売買状況を確認していきます(図表1)。

 

[図表1]先週の主要投資部門別売買状況

 

まず、海外投資家について、先週は現物を9,557億円買い越しましたが、この金額はデータを取得できる1993年9月第4週(20日~24日)以降、過去7番目に大きな週間買い越し額となりました。現物を取引する海外投資家には中長期的な視点で運用を行う年金などが含まれるとされ、日本企業の資本効率改善や賃上げ継続に対する海外投資家の強い期待は、年明け以降も継続している様子がうかがえます。

海外投資家は先物も買い越し、これが裁定取引を通じ自己の現物買い越し2,995億円に寄与

なお、海外投資家は先週、先物も4,937億円買い越しましたが、先物を取引する海外投資家には短期的な視点で売買を行う投機筋などが含まれるとされます。先週は1月12日が株価指数オプションなどの特別清算指数(SQ)値の算出日であったため、株価上昇のなか、コールオプションの売り手が評価損補填のために先物を買う「デルタヘッジ」を行い、先物の買い越し額が膨らんだと推測されます。

 

デルタヘッジに絡む先物買いで、先物の価格が一時的に割高になると、裁定業者(主に証券会社)が「裁定買い取引(先物売り+現物買い)」を行うこともあります。裁定業者の現物買いは、投資部門別売買状況の自己に計上され、先週の自己は2,995億円の買い越しでした。自己の現物取引額は、海外投資家の先物取引額と必ずしも一致しませんが、海外投資家の先物取引額に大きく影響を受ける傾向があります。

個人と投資信託は売り越しに、先週の株高は昨年同様、海外投資家と事業法人、自己が主導

改めて、先週、現物を買い越した投資主体をまとめると、海外投資家が9,557億円、(海外投資家の先物買いが背景にあると推測される)自己が2,995億円、(自社株買いと推測される)事業法人が1,312億円となり、3主体合計で1兆3,864億円となります。一方、今月から新NISA(少額投資非課税制度)が始まり、個人と投資信託の動向も注目されましたが、前者は1兆695億円の売り越し、後者も1,200億円の売り越しとなりました。

 

個人はデータを取得できる1993年9月第4週以降、過去2番目に大きな週間売り越し額でした。先週は、個人、投資信託に、(国内公的年金などの動向を反映するとされる)信託銀行の105億円を加え、3主体合計で現物を1兆2,000億円売り越しました。新NISAからの新規投資資金も、市場に一定程度流入していると考えられますが、年初の株高は、昨年同様(図表2)、海外投資家と事業法人、自己の現物買いが主導したとみられます。

 

[図表2]2023年の主要投資部門別売買状況

 

(2024年1月19日)

 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『【日本株】「先週の日経平均急騰」を主導した“投資主体”が判明(解説:三井住友DSアセットマネジメント・チーフマーケットストラテジスト)』を参照)。

 

市川 雅浩

三井住友DSアセットマネジメント株式会社

チーフマーケットストラテジスト

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月5日(火)開催
投資について理解が深まる1時間!
資産形成の第一歩【不動産投資セミナー】

 

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

 

【海外不動産】3月9日(土)開催
《2024年・最新情報が満載》
銀行融資担当者が語る!「ハワイ不動産投資」の魅力

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    【ご注意】
    ●当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
    ●当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、三井住友DSアセットマネジメント、幻冬舎グループは責任を負いません。
    ●当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
    ●当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
    ●当資料は三井住友DSアセットマネジメントが信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
    ●当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
    ●当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ