(※写真はイメージです/PIXTA)

国税庁「令和4年分 民間給与実態統計調査」によると、2022年に1年間を通じて勤務した給与所得者5,078万人のうち、「年収1,000万円超」給与所得者の割合は所得者全体の5.4%。現役時代に年収が1,000万円を超えたサラリーマンは、いわゆる「勝ち組のエリート」といえそうです。しかし、老後も安泰かというと、そううまくは行かず……。本記事では、社会保険労務士法人エニシアFP代表の三藤桂子氏が、Aさんの事例とともに元高収入サラリーマンの老後の注意点について解説します。

貯金と年金だけではどう考えても足りない…

Aさんは65歳で再婚し、Sさんの子どもと3人での生活が始まりました。家に帰れば家族がいる生活に安堵する傍ら、中学生の子どもはこれから、高校、大学と進学を考える年代です。貯金が少ない生活に不安が残ります。

 

まさかの大誤算!入籍日があと2日早ければ…

さらに年金事務所で65歳時の年金手続きをした際、65歳で年下の配偶者がいた場合、要件を満たすことで、配偶者加給、子の加給が受け取れる可能性があります。ですが、婚姻届けを提出したのはAさんの65歳の誕生日だったのです。

 

加給年金をつけるには、65歳到達時点前までに婚姻届けを出す必要があったのです。Aさんは、

 

・配偶者加給 39万7,500円

・子の加給 22万8,700円

→年額 62万6,200円

※2023年度金額

 

を受け取れない結果となってしまい、Aさんの年金は月額約20万円となりました。「あと2日早ければ……」と悔やまずにはいられません。

 

貯金と年金だけでは、心許ないですが、20歳も年下の妻に正規雇用のフルタイムで働いてくれとは、どうしても言えませんでした。

 

アルバイト三昧の生活へ

子どもの教育費と不足する生活費を稼ぐため、Aさんは65歳から新たに仕事を始めることにします。しかし、65歳での新たな仕事はそう簡単に見つからず、取り急ぎコンビニで働きながら、繁忙期に短期アルバイト募集をみつける生活を続けています。

 

いまは、大手飲食チェーン店の裏方で食器洗いをしています。繁忙期の大手飲食店で捌く食器は半端な数ではありません。洗い場に休む間もなくつぎつぎと運ばれてくるのです。運ばれてきたグラスは大きな業務用の食洗機に入れるため、専用のカゴに並べてセットします。Aさんはいままで飲食店で働いた経験はありませんでした。

 

慣れない仕事と慌ただしさのあまり、手がすべってグラスのカゴを落としてしまいました。10個以上のグラスが割れて厨房まで音が鳴り響きます。てきぱき働く年下の若手社員から「ジジイ、はよせえ!」と怒声が……。

 

注目のセミナー情報

【教育】6月23日(日)開催
医学部合格率75%!
“指名の絶えない実力派講師”が明かす
「偏差値50未満から1年で医学部合格」を実現した最強メソッド

 

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

 

次ページアルバイトの時給は現役時代の5分の1

※プライバシー保護の観点から、実際の相談者および相談内容を一部変更しています。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧