株の売買判断に欠かせない「ローソク足」の見方

今回は、株の売買判断に欠かせない「ローソク足」の基本的な見方を説明します。※本連載は、IFTA国際検定テクニカルアナリストとして活躍する福永博之氏の著書、『ど素人が読める株価チャートの本』(翔泳社)の中から一部を抜粋し、「テクニカル分析」の基礎知識と分析方法を紹介します。

ローソク足を構成する「4つの情報」とは?

ローソク足は1つで4つの情報を持っている優れものです。その4つの情報とは、始値、終値、高値、安値になります。一般的にニュースなどで流れる終値をみただけでは、前日比でどうなったかがわかっても、日中に何があったのかまでは推測できません。

 

ところが、ローソク足はこの4つの情報を駆使して、日中の値動きや、勢いの強弱がわかるようになっています。

 

また、今後の動向を予測するヒントを与えてくれます。4つの情報があると、組み合わせた場合、何通りかの組み合わせができます。このパターンを覚えることで、株価が表すいろいろな意味を、次の値動きの予測や売買判断に結びつけていくのです。

 

パターンとして最初に考えられるのが、始値と終値の比較です。始値より終値が高いケースと、逆に始値よりも終値が安いケースが考えられます。始値よりも終値が高いケースでは、取引開始から株価が上昇して取引を終えたことを示しており、強いパターンになります。これが「陽線」と呼ばれるローソク足です。

 

一方、その逆に始値よりも終値が安いケースでは、取引終了にかけて値下がりしたことになり、株価は弱いパターンの「陰線」と呼ばれるローソク足になります。これが基本です。

 

[図表1]ローソク足の作られ方

 

この始値と終値の位置関係が陽線と陰線を決め、強弱を表します。陽線の場合は「強気」としたり、陰線の場合は「弱気」としたりと、投資家心理を表す表現として使われます。

 

[図表2]陽線と陰線の長さが意味するのは?

陽線が続けば「上昇基調」、陰線が続けば「下落基調」

続いて、この陽線と陰線がそれぞれ続いた場合を考えてみましょう。一日だけ陽線や陰線が作られた場合よりも陽線が続いているパターンでは、取引がスタートしたあと買われて終わることになるため、前日比で上昇してスタートした場合は、株価が上昇基調と考えられます。

 

また、逆に陰線が続いた場合、取引終了にかけて売られていることが考えられますが、前日比で下落して始まったあと陰線が続いたならば、株価が下落基調であることを示しています。このように、陽線が続くケースは上昇基調、陰線が続いているケースでは、株価が下落基調と考えられます。

 

では、みなさんは陽線が続いているときと、陰線が続いているときのどちらの時に株を買いますか? 

 

そのまま上昇が続く保証はありませんが、陽線が続いているときの方が、取引終了にかけて上昇しているわけですから、取引開始時に株を買って、上昇が続いている間は保有しておくといったことが考えられるわけです。一方、陰線が続いているケースでは、下落基調であると考えられるわけですから、「買うのは下げ止まってから」と判断でき、下落基調のところを買って失敗するケースを減らせます

 

ただ、陰線が続くケースでは、もうそろそろ下げ止まるだろうと考えてしまいがちですが、その考えが塩漬け株を作ることにつながりますので注意が必要です。

 

[図表3]陽線と陰線の上ヒゲ

 

[図表4]陽線と陰線の下ヒゲ

陽線と陰線が交互に現れたら「様子見」を

続いては、陰線と陽線が交互に現れるパターンについてです。「陽線は強気」、「陰線は弱気」を表しているわけですから、「強弱の対立」を示しています。そのため、株価が横ばいになっていることが多いのです。もしこのようなケースに遭遇したとしたら、みなさんはどのような投資行動をとりますか?

 

この場合、株価の方向がはっきりしていないので、様子を見るのが正解になります。ローソク足の簡単な見方やその形が表している意味を知るだけでも、これまでなんとなく見ていたチャートが全く違うものにみえてくるでしょう。

 

[図表5]ソディック(6143)の日足チャートニュースリリースと業界紙の報道で株価上昇が続いた

※値幅制限いっぱいまで買われること
※値幅制限いっぱいまで買われること

 

[図表6]ローソク足から読み取れる情報

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

株式会社インベストラスト代表取締役 国際テクニカルアナリスト連盟 国際検定テクニカルアナリスト

勧角証券(現みずほ証券)を経て、DLJdirectSFG証券(現楽天証券)に入社。 同社経済研究所チーフストラテジストを経て、現在、投資教育サイト「itrust アイトラスト」の総監修とセミナー講師を務める。
6月より日本テクニカルアナリスト協会副理事長に就任。
日経CNBC「朝エクスプレス」、ラジオ日経「世界の株価 de 資産運用」、「スマー トトレーダーPLUS」、「ウイークエンド株!」などの番組にレギュラー出演中。 マネー誌やWEBの連載、著書多数。

著者紹介

連載売り買いのタイミングがズバリわかる「テクニカル分析」の基礎知識

ど素人が読める 株価チャートの本

ど素人が読める 株価チャートの本

福永 博之

翔泳社

人気アナリストの解説で勝率アップを目指そう! 本書はど素人でも株価チャートがスラスラ分析できるようになるしかけがいっぱいです! チャート分析の手法や指標を数多く羅列するのではなく、初心者が学べばすぐ実践できるも…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧