(※写真はイメージです/PIXTA)

連日多くのメディアで報道されている「政治資金パーティ券問題」。検察は過去の大スキャンダル並みの捜査体制を取り、また岸田首相は、組織的に裏金を作っていたとみられる「安倍派」を相次いで閣僚から外し、交代させる方針を決めました。このようななか、急激な政策転換による日本経済や株価への影響はあるのでしょうか。株式会社武者リサーチ代表の武者陵司氏が解説します。

「パー券問題」を受けて“安倍派外し”…アベノミクスの展開は

米国で12月13日NYダウが史上最高値を更新するなか、突如日本で政変が起きた。パーティ券販売収入のキックバックが政治資金として収支報告書に記載されていなかった。

 

金額は安倍派合計で5年間数億円という少額、脱税容疑としては少額すぎる。また贈収賄、選挙買収等悪質なものではない。裏金には違いないが犯罪として立件に値するか微妙である。また安倍派以外にも政治資金不記載は蔓延しているとも噂されている。検察は捜査員50人投入という過去の大スキャンダル並みの捜査体制を取っている。

 

事実関係がいまだ確定していないなかで、岸田首相は安倍派の閣僚、副大臣、自民党執行部を軒並み更迭、安部派外しに舵を切った。最大派閥安倍派の更迭はいままでの政策論争の中枢にいた安倍派つぶしと見られても仕方がない。その背景に安倍元首相が執拗に批判してきた財務省の反撃があるとも、噂されている。

 

この政変が政策の転換、岸田氏が基本的に継承してきたアベノミクスの修正に結び付くのか、が問われる。

 

アベノミクスは大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の3本柱であるが、この第1の矢、第2の矢に変化が出てくるかもしれない、デフレ脱却、成長軌道回復が確かになったあとでの修正であればいいが、性急な政策転換の可能性が出てきたとすればそれは要注意、株価にもネガティブかもしれない。

 

「積極財政」から「財政規律重視」への転換はあるか

想定されるもっとも大きな変化は財政政策であろう。亡き安倍氏の遺志を継いで積極財政論の先鋒を担ったのは安倍派の萩生田政調会長、世耕自民党参院幹事長等であった。防衛予算をGDP比2%に押し上げるにあたっての財源として国債発行か、増税か大きく見解が分かれた。

 

24年度の与党税制改正大綱には防衛費増額に伴う増税は明記されない見通しであるが、次年度以降、財政規律が巻き返す可能性が高まった。アベノミクスから財政規律・増税路線への転換が起こるとすれば、それは日本経済と株式にとって一大懸念要因となる。

一気に減税路線…岸田首相の立ち位置は“微妙”

岸田首相の立ち位置は微妙である。「増税眼鏡」と揶揄された反発からか、一気に減税路線を打ち出した。「成長の成果である税収増を国民に適切に還元すべきだ、1人あたり所得税3万円と住民税1万円のあわせて4万円を差し引く定額減税を行う。住民税の非課税世帯には7万円を給付する」との方針を決定した。

 

以下のような批判はある

 

①6月では遅い、その時にはすでにインフレは低下している

②恒久減税ではないので次年度には増税になる

③大幅税収増期待できるので、恒久減税に踏み込むべき

 

が、やらないよりはマシである。

 

2021年以降名目経済成長率が2%程度であったときに相当の税収増が続いてきた。第一生命経済研究所の永濱利廣氏によると税収の予算比上ぶれは、2021年度9.6兆円(名目GDP2.1%増)、2022年度5.9兆ドル(名目GDP2.0%増)であった(図表1)。

 

[図表1]大幅税収増が続く日本財政
[図表1]大幅税収増が続く日本財政

 

2023年度当初予算による税収は2022年度実績71兆円に対して、69兆円と減少する想定である。しかし23年度の名目経済成長率は5%と30年ぶりの高成長が確実視されており、税収は予算比で10兆円規模の上振れもあり得る情勢である。

 

それを原資とすれば食料品消費税ゼロなどの大規模な需要刺激策も可能な事情にある。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

次ページ「巨額の財政赤字」と両建てになっている「潤沢な資産」

あなたにオススメのセミナー

    ※本記事は、武者リサーチが2023年12月18日に公開したレポートを転載したものです。
    ※本書で言及されている意見、推定、見通しは、本書の日付時点における武者リサーチの判断に基づいたものです。本書中の情報は、武者リサーチにおいて信頼できると考える情報源に基づいて作成していますが、武者リサーチは本書中の情報・意見等の公正性、正確性、妥当性、完全性等を明示的にも、黙示的にも一切保証するものではありません。かかる情報・意見等に依拠したことにより生じる一切の損害について、武者リサーチは一切責任を負いません。本書中の分析・意見等は、その前提が変更された場合には、変更が必要となる性質を含んでいます。本書中の分析・意見等は、金融商品、クレジット、通貨レート、金利レート、その他市場・経済の動向について、表明・保証するものではありません。また、過去の業績が必ずしも将来の結果を示唆するものではありません。本書中の情報・意見等が、今後修正・変更されたとしても、武者リサーチは当該情報・意見等を改定する義務や、これを通知する義務を負うものではありません。貴社が本書中に記載された投資、財務、法律、税務、会計上の問題・リスク等を検討するに当っては、貴社において取引の内容を確実に理解するための措置を講じ、別途貴社自身の専門家・アドバイザー等にご相談されることを強くお勧めいたします。本書は、武者リサーチからの金融商品・証券等の引受又は購入の申込又は勧誘を構成するものではなく、公式又は非公式な取引条件の確認を行うものではありません。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ