(※写真はイメージです/PIXTA)

※本稿は、チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏(三井住友DSアセットマネジメント株式会社)による寄稿です。

 

●利上げの累積効果がこの先一段と顕在化する可能性が高く米景気は緩やかな減速が続く見通し。

●米景気はソフトランディングを予想、利下げは来年5月から、四半期毎に合計3回の実施を見込む。

●大幅なインフレ鈍化や、雇用情勢の悪化は想定せず、利下げの前倒しや回数増加はサブシナリオ。

利上げの累積効果がこの先一段と顕在化する可能性が高く米景気は緩やかな減速が続く見通し

米連邦準備制度理事会(FRB)は2022年3月にゼロ金利を解除し、利上げを開始して以降、2023年7月まで11回の利上げを行い、利上げ幅は累計525ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)に達しました。このような大幅な金融引き締めにより、足元で米国のインフレは鈍化傾向にありますが、労働市場は依然として底堅く、非農業部門雇用者数は毎月、前月比で20万人程度の増加基調を維持しています。

 

安定した雇用情勢と所得環境が消費を支え、2023年7-9月期の個人消費は前期比年率+3.6%となり、10-12月期も+2.5%前後の高めの伸びが見込まれます。GDPの約7割を占める個人消費が堅調な見通しのため、米景気が急速に冷え込む恐れは小さいと思われます。ただ、民間企業の雇用創出力が鈍ってきていることや、利上げの累積効果がここから一段と顕在化する可能性が高いことを踏まえると、米景気は緩やかな減速が続くと予想されます。

米景気はソフトランディングを予想、利下げは来年5月から、四半期毎に合計3回の実施を見込む

米国の実質GDP成長率は、前期比年率で2023年10-12月期が+2.2%、2024年1-3月期が+1.8%、4-6月期が+1.6%、7-9月期が+1.2%、10-12月期が+1.1%を予想しており(図表1)、通年では2023年が前年比+2.5%、2024年は同+2.1%を見込んでいます。このように、成長ペースは時間の経過とともに鈍化する見通しですが、FRBの金融政策が成長を一定程度支えると考えています。

 

[図表1]米国の実質GDP成長率の予想

 

その金融政策について、FRBは2024年4月30日、5月1日に開催する米連邦公開市場委員会(FOMC)において最初の利下げに踏み切り、利下げ幅は25bpとみています。その後の利下げペースは、米景気が想定以上に悪化しない限り、四半期に1回を想定しており、7月30日、31日開催のFOMCと、11月6日、7日開催のFOMCで25bpずつの利下げが行われると予想します。

大幅なインフレ鈍化や、雇用情勢の悪化は想定せず、利下げの前倒しや回数増加はサブシナリオ

個人消費支出(PCE)物価指数の前年同期比伸び率は、2023年10-12月期が+2.9%、2024年1-3月期が+2.4%、4-6月期が+2.4%、7-9月期が+2.4%、10-12月期が+2.5%を予想しており、失業率は、2023年10-12月期が3.8%、2024年1-3月期が3.8%、4-6月期が3.9%、7-9月期が4.0%、10-12月期が4.1%との見方です(図表2)。現時点で、大幅なインフレ鈍化や雇用情勢の悪化は想定していません。

 

[図表2]米国の物価上昇率と失業率の予想

 

 

以上より、2024年の米国経済は、緩やかな減速が続くものの、FRBの適切なタイミングでの利下げによって景気後退(リセッション)入りは回避され、ソフトランディングに至ると見込んでいます。なお、弊社の想定よりも急速に物価と雇用の伸びが鈍化すれば、利下げ開始の前倒しに加え、利下げ回数の増加も予想されますが、これはサブシナリオと位置付けています。

 

(2023年12月19日)

 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『利下げは「来年5月」から、四半期毎に合計3回の実施を見込む ~2024年の米国経済見通し【解説:三井住友DSアセットマネジメント・チーフマーケットストラテジスト】』を参照)。

 

市川 雅浩

三井住友DSアセットマネジメント株式会社

チーフマーケットストラテジスト

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月5日(火)開催
投資について理解が深まる1時間!
資産形成の第一歩【不動産投資セミナー】

 

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

 

【海外不動産】3月9日(土)開催
《2024年・最新情報が満載》
銀行融資担当者が語る!「ハワイ不動産投資」の魅力

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    【ご注意】
    ●当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
    ●当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、三井住友DSアセットマネジメント、幻冬舎グループは責任を負いません。
    ●当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
    ●当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
    ●当資料は三井住友DSアセットマネジメントが信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
    ●当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
    ●当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ