(※写真はイメージです/PIXTA)

「下流老人」「老後破産」…なんとも辛い言葉が多くなった昨今。老後に必要なお金、貯められていますか? 厚生労働省『令和4年 賃金構造基本統計調査』などとともにみていきます。

手取り24万円・36歳男性の「淡々とした日常」

清田さん(36歳・男性/仮名)。現在の収入は月30万円、手取り額は約24万円です。年に2回、ボーナスが支給されます。都内の1Kに暮らしており、家賃は管理費込みで8万円。会社からの家賃補助はありません。

 

「家賃を引いて、手残りが16万円程度。自炊をまったくしないので食費が結構かさんでいます。リモートワークが増えてからは光熱費もしんどい。今年の夏、エアコンも使いたいですけど、付けっぱなしにはできないなあ……」

 

「奨学金の返済がまだ終わらないので、日々の暮らしはキツいものがあります。有利子で、借入300万円ぐらいでした。正直、ただの借金じゃないですか。心理的にかなり苦しいです。大学に行けたのはありがたかったんですけど」

 

厚生労働省『令和4年 賃金構造基本統計調査』より学歴別の賃金を見ていくと、30代後半の男性では、大学院42万7,800円、大学35万3,900円、高専・短大28万4,400円、専門学校28万6,300円、高校26万7,600円となっています。

 

高卒と大卒では初任給が4万円以上変わり、生涯年収ともなれば4,500万円以上の差が開くといわれていますが、奨学金に苦しめられる生活は「あまりにも大きな代償」といえます。

 

奨学金返済をしないと、延滞金が発生します。勤務先に連絡が来るケースもあり、「借り逃げ」は当然許されません。

 

「大学時代に想像していた未来とはずいぶん違いますね、今。SNSで旧友を見ていると、こんなに道がわかれるのかと驚きます。僕は『中の下』といったところじゃないでしょうか」

 

ちなみに金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]』によると、借入金のない世帯も含む30歳代では、借入金の平均額は123万円です。借入金のある世帯のみに絞ると、借入金の平均額は629万円。借入金額の中央値は100万円となっています。

 

清田さん、貯蓄は満足にできているのでしょうか。

次ページ「まあ何もしないよりはいいかな……と」

あなたにオススメのセミナー

    ※本記事のインタビューではプライバシーを考慮し、一部内容を変更しています。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ