(※写真はイメージです/PIXTA)

総務省「家計調査年報(家計収支編)2021年」によると、高齢単身無職世帯の家計収支は平均「132,476円」とされています。そのようななか、収入が国民年金のみの場合、どのように生きていけば良いのでしょうか。収入が年金月6万円のみの80歳女性と、母への金銭的な援助が難しい49歳息子の事例をもとに、株式会社FAMORE代表取締役の武田拓也FPが具体的な対策を解説します。

ひとり暮らしする母の預金額に絶句した長男

夫婦で居酒屋を営んでいた80歳のAさん。4年前に5歳年上の夫を亡くし、現在はひとり暮らしです。夫の死後、49歳のひとり息子はAさんのために毎週実家へ帰っていましたが、Aさんは息子に心配かけまいと、気丈にふるまっていました。

 

古くて資産価値はないものの、自宅は持ち家なので家賃はかかりません。しかし、収入は国民年金のみ。月に均すと「約6万円」です。

 

Aさんは決して贅沢をせず、節約しながら生きていましたが、毎月6万円では到底生活できません。夫が死亡した時点で300万円ほどあった貯金は徐々に減っていき、ついに10万円をきってしまいました。

 

息子に心配をかけまいと、お金のことは話していなかったAさん。しかし心労もあり、どんどんやせ細っていくAさんを心配した息子が理由を問いただし、Aさんはついに現状を告白しました。

 

Aさんの預金額を聞いた息子は絶句。「なんでもっとはやく相談してくれなかったんだ!」と言ってくれたことは嬉しかった一方、息子にも金銭的な余裕がないことを、Aさんは知っていました。

 

息子の年収は450万円ほど。日本の平均給与である458万円(国税庁:令和4年分民間給与実態統計調査)と同程度で、ひとりで暮らす分には問題ありません。しかし息子には妻と子どもがいます。

 

息子としても、自分が援助できれば丸く収まるとは思いつつも、子どもにかかってくる教育費などを考えると、Aさんに金銭的な援助をする余裕はありません。頭を抱えた息子さんは、以前に知り合った筆者に相談することにしました。

 

収支の改善ではどうにもならないAさん…筆者の提案は

Aさんの収入は年金の月6万円しかなく、預金も10万円をきっています。

 

また、今は自宅で生活できていますがAさんは80歳と高齢なため、病気や介護のことも心配です。

 

そして、ひとり息子としてなんとかしたいという気持ちはあるものの、所帯があるため、金銭的な援助は現実的ではないという結論に至りました。

 

なおAさんの持ち家に価値があれば、自宅を担保にした融資制度である「リバースモーゲージ」を利用して、住居を手放すことなく収入を確保することも考えられました。しかし残念ながら、Aさんの自宅に担保の価値はなく、実現できませんでした。

 

ほかに現金化できる財産もなく、収支の改善は難しそうです。そこで筆者は、「生活保護の申請」を提案しました。

 

次ページ生活保護とは…申請する際の注意点

あなたにオススメのセミナー

    ※プライバシー保護の観点から、実際の相談者および相談内容を一部変更しています。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ