「説明がうまい営業とヘタな営業、どっちが喜ばれると思う?」←こういう〈わかりきったこと〉を質問する上司って…

「説明がうまい営業とヘタな営業、どっちが喜ばれると思う?」←こういう〈わかりきったこと〉を質問する上司って…
(※写真はイメージです/PIXTA)

若手社員が失敗してしまったとき、「わかりきった質問」を答えさせてはいませんか? 実はこれ、若手部下への「やってはいけない」NG行動の一つです。若手社員育成専門コンサルタント・伊藤誠一郎氏の著書『部下に「困ったら何でも言ってね」はNGです』(日本実業出版社)より一部抜粋し、若手社員と良好な関係を築くためのポイントを紹介します。

「わかりきった質問」をするのは、単なる子ども扱いでしかない

若手社員が失敗してしまったとき、説明して教えるなかで注意しなければならない点があります。それは、とくに経験豊富な上司からすると「そんな基本的なこともわからないのか?」「そんなの当たり前だろう」と思うような基本的なミスが起きた場合についやってしまいがちなことです。

 

たとえば、次のような言い方がそうです。

 

---------------------------------------------

上司:「君の話はわかりづらいんだよね。話がわかりづらい営業とわかりやすい営業のどっちが喜ばれると思う?」(※わかりきった質問)

 

部下:「わかりやすい営業です…」

---------------------------------------------

 

これは男性の上司に多い言い方です。女性の上司の場合は次のような言い方もあります。

 

---------------------------------------------

上司:「何でできなかったの?」「どうして忘れちゃったの?」「何で?」

 

部下:「…すみません、つい忘れてしまいました」

---------------------------------------------

 

といったように「何で?」「どうして?」と理由を問い詰めるパターンです。

 

上司としては、しっかり教えるために問題点や原因を1つひとつ丁寧に確認しているだけかもしれません。しかし、このような詰問型の指摘の仕方は、若手社員にとっては、自分でも悪いと感じていることを執拗に攻められ、人間性を否定されていると受けとることもあります。

 

わかりきったクイズを出したり、答えようのない質問を連続的に投げかけたり、詰問したりすることは、単なる子ども扱いでしかありません。ただでさえ承認欲求が強い最近の若手社員の「周囲に役立てるように頑張りたい」という素直で真面目な思いを踏みにじることになります。

 

しかも、こうした言い回しはおだやかな口調で話すと、上司としてはパワハラにはならないだろうと思いがちです。

 

しかし、わかりきった質問や詰問は、若手社員の心をじわじわと傷つけてしまい、厳しく怒られる以上に大きなダメージを負わせてしまいます。

 

その背景には、暗に上司である自分が上、若手社員が下と位置づけているような意識があり、若手社員もそのように感じているはずです。

ストレートに伝えたほうが、わかりやすいことも多い

若手社員の失敗や基本的なミスに対して、再発防止を図るべく指摘する際には、ストレートに説明します。

 

『さっきのお客様への説明の仕方だけど、ちょっとわかりづらかったかもしれないですね。お客様もそういう表情をしていたことに気づきましたか? お客様は商品やサービスの内容だけじゃなくて、営業のわかりやすい説明からも安心感や信頼感を持つものだから、伝え方もしっかり意識することは大切です。』

 

そして、次のように続けます。

 

『具体的なポイントは2つあって、1つ目は、最初にこれから何の話をどういう順序でするのか全体像を伝えることです。2つ目は、重要なポイント、つまり、結論を最初に伝えること、じゃあ次のお客様からこの2つを意識してやってみましょう!』

 

いかがでしょうか。わかりきった質問などしなくても、伝えるべきゴールはまったく変わりません。

 

むしろ会話が行ったり来たりしないぶん、伝えるべきポイントが明確になります。それだけでなく時間が短くなって効率的ですし、何より若手社員の素直な心を傷つけることがありません。

 

若手自身も自分の成長につながる話だとわかると、信頼感を持つ傾向が強いですから、良い関係性を築くことにもつながります。

 

誰しも最初は、わからないものはわからないですし、できないことはできません。自分で考えられるのも、基本的な知識やスキルをひと通り身につけてこそです。

 

そのことを理解せずに、最初からさも理解していないのが悪いとするから、わかりきった質問や詰問をするのです。

 

それこそ、「わかりきったことを何度も言わせようとする上司、物事をストレートに伝える上司、若手社員はどっちを望んでいるかわかりますか?」という、わかりきった質問を自分自身に投げかけてみてください。

 

イラスト:山本啓太 伊藤誠一郎氏著『部下に「困ったら何でも言ってね」はNGです』(日本実業出版社)より
【図表】「わかりきった質問」は若手に大きなダメージを与える イラスト:山本啓太
伊藤誠一郎氏著『部下に「困ったら何でも言ってね」はNGです』(日本実業出版社)より

 

--------------------------------

<ポイント>

若手社員の心を傷つけないために、知識やスキルはストレートに教える

--------------------------------

 

 

伊藤 誠一郎

若手社員育成専門コンサルタント

若手社員育成研究所代表

 

1971年東京都出身。学習院大学法学部法学科卒業後、15年間にわたり医療情報システム、医療コンサルティング分野において提案営業、プロジェクトマネジメントの業務に従事した後、2009年に独立し、プレゼンテーション、提案力向上をテーマに講師活動を開始。その後、ロジカルシンキング、職場コミュニケーション、組織マネジメントなどテーマを広げ、新入社員から中堅社員、管理職まで延べ300社、2万人以上に研修、講演、セミナーを実施。

現在は、多くの若者と接する氷河期世代という二刀流講師としてZ世代と言われる若手社員育成と彼らを育てる上司、先輩のための企業研修、講演を行っている。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

 

【国内不動産】7月11日(木)開催
築15年でも家賃下落が起きないアパートの秘密を150棟の設計を行ってきた「プロの設計士」がお伝えします!
入居者ニーズを満たした“こだわりすぎなアパート”を徹底解剖

 

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

※本連載は、伊藤誠一郎氏の著書『部下に「困ったら何でも言ってね」はNGです』(日本実業出版社)より一部を抜粋・再編集したものです。

部下に「困ったら何でも言ってね」はNGです

部下に「困ったら何でも言ってね」はNGです

伊藤 誠一郎

日本実業出版社

新卒の約30%が3年以内に離職する時代、若手に厳しくしたらいいか、やさしくしたらいいか、伸ばす上司はどんな声かけをしているのか。若手社員育成専門コンサルタントが、「傾向と対策(動かし方ほか)」をリアルで豊富な実例と…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録