「2023年自動車保険事故対応満足度調査」で判明…“ドライブレコーダー“提出案件の顧客満足度が「前年比-22ポイント」の大幅低下

「J.D. パワー2023年自動車保険事故対応満足度調査℠」より

「2023年自動車保険事故対応満足度調査」で判明…“ドライブレコーダー“提出案件の顧客満足度が「前年比-22ポイント」の大幅低下
(※写真はイメージです/PIXTA)

米国を本拠とする国際的なマーケティングリサーチカンパニー、J.D. パワー(ジェイ・ディー・パワー)より、自動車保険会社の事故対応の満足度に関する調査結果が発表されました。調査によって、総合満足度は2022年度と比較し6ポイント減少したほか、ドライブレコーダーの提出時の満足度が低いことがわかりました。

【2/28(水)無料Webセミナー】

CPA700%良化を実現!
PRと運用型広告を組み合わせたハイパフォーマンス認知とは

2023年自動車保険事故対応満足度調査

J.D. パワー 2023年自動車保険事故対応満足度No.1を発表

CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本浩二、略称:J.D. パワー)は、J.D. パワー 2023年自動車保険事故対応満足度調査SMの結果を発表した。

 

総合満足度ランキングは下記の通り。

 

第1位:ソニー損保(741ポイント)
3年連続の総合満足度第1位。「保険金支払」、「事故対応担当者」、「事故受付体制」、「調査/認定結果」の4ファクターで最高評価。


第2位:東京海上日動(734ポイント)

 

第3位:AIG損保(728ポイント)

 

 

《J.D. パワー 2023年自動車保険事故対応満足度調査SM概要》

年に1回、自動車保険(任意保険)の契約者を対象に実施し、過去2年以内における、契約先保険会社への事故連絡(保険金請求)時の対応、各種手続きや問合せ時の保険会社・代理店の対応実態や満足度を聴取し明らかにする調査。今回で18回目の実施となる。

 

■実施期間:2023年7月中旬~下旬 

■調査方法:インターネット調査

■調査対象:過去2年以内に契約先保険会社への事故連絡(保険金請求)を行った人(18~99歳)

■調査回答者数:3,005人

 

総合的な顧客満足度に影響を与えるファクターを設定し、各ファクターの詳細評価項目に関するユーザーの評価を基に1,000ポイント満点で総合満足度スコアを算出。

 

総合満足度を構成するファクターは、総合満足度に対する影響度が大きい順に、「保険金支払」(44%)、「事故対応担当者」(19%)、「事故受付体制」(18%)、「調査/認定結果」(14%)、「修理サービス」(3%)、「代車/レンタカーサービス」(2%)となっている(カッコ内は影響度)。

 

《最新のDX動向・人気記事・セミナー情報をお届け!》
≫≫≫DXナビ メルマガ登録はこちら

次ページドライブレコーダー提出時の満足度が低下

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧
TOPへ