▲トップへ戻る
「返済条件のリスケ」が以後の銀行融資に与える影響とは?

今回は、「返済条件のリスケ」が以後の銀行融資に与える影響を説明します。※本連載は、株式会社ビーワンフードの代表取締役で、公認会計士・税理士の廣瀬好伸氏の著書、『1店舗から多店舗展開 飲食店経営成功バイブル』(合同フォレスト)の中から一部を抜粋し、飲食店経営に欠かせない「銀行からの資金調達」について解説します。

一度返済条件を変更すると二度と融資が受けられない!?

銀行の融資は格付けによってほぼ決まり、そして、格付けは決算書の内容によってほぼ決まります。しかし、今期の決算書がよいからといっても油断はできません。銀行融資の申請には3期分の決算書を提出しますから、過去の経営状態も融資の行方を左右することになります。新規出店を計画するなら、この点をしっかり頭に入れておかなければなりません。

 

【Case Study】安易なリスケジュールに要注意

AさんとBさんは、ともにレストランを5店舗経営しています。前期は5店舗のうち3号店の売上があまりよくありませんでしたが、今期のがんばりでようやく他店に追いつくことができました。そこで、また新たに1店舗を増やしたいと、銀行に相談してみることにしました。

 

Aさんの場合

Aさんは、早速付き合いのある銀行に連絡し、融資の相談をすることにしました。3号店の売上がよくなかったときに、負担が軽くなるように返済条件を変更してもらったこともあり、今回も無理を聞いてもらえると思ったからです。

 

しかし、審査の結果、新たな融資をしてもらうことはできませんでした。「いままで融資をしてくれていたのに、どうして?」と、不思議に思いながらも、出店資金の目処がつかず、次の店舗の出店は見合わせるしかありませんでした。

 

Bさんの場合

Bさんは、早速付き合いのある銀行に連絡し、融資の相談をすることにしました。前期は3号店の売上がよくありませんでしたが、他の店舗は順調だったため借入金の返済が滞ることはありませんでした。その店舗の状況も落ち着いて、今回、前向きな姿勢で新たな出店に取り組んでいることを銀行に相談した結果、よい条件で融資してもらうことができました。

 

うまくいく人、いかない人。そこには「格付けが下がる」壁がありました。

リスケを防ぐために当初の借入れ条件は十分に検討を

Aさんは気付いていなかったようですが、今回の融資の審査でAさんの格付けは間違いなく落ちています。おそらく12のランキング一覧の「要注意先」または「要管理先」として格付け8または9に位置しているでしょう。なぜなら、融資の相談の前に返済条件の変更をおこなっているからです。返済期間を延長したり元本の支払いを待ってもらったりなど、一度銀行と取り決めた約束を守ることができないと、経営状況に「問題がある」と見なされて格付けが下がってしまいます。

 

つまり、借りてから当初の条件を変更(リスケジュール)すると格付けが8以下になってしまい、それ以後融資が受けられなくなってしまう(=自己資金でしか出店できなくなってしまう)可能性が高く、その時点でその後の出店計画を諦めなくてはならないかもしれません。

 

そうならないためにも、借りるとき(多くの場合は出店するとき)に出店計画をしっかり立てて(筆者の著書『1店舗から多店舗展開 飲食店経営成功バイブル』第3章参照)、「この借入条件で本当にいいのか?」ということを十分に検討してから借入を実行すべきでしょう。

 

「以前も貸してもらえたのだから今回も大丈夫」などと簡単に考えていると、思わぬ壁にぶつかることがあります。Aさんも、リスケジュールすれば後々どのようなことになるかを知っていれば、また違った結果になっていたことでしょう。

 

その他にも格付けが下がることがあります。たとえば、銀行はみなさんから提出された決算書をチェックしていますが、その中で、「この資産は価値がない(または低い)」といった評価をされると、結果として格付けを下げられることもあります。

 

それが事実であればまだしも、それが誤解であれば本当にもったいないことです。そのように誤解を招かないようにすることも非常に大切で、その方法については次回でお話します。

株式会社ビーワンフード 代表取締役
公認会計士・税理士 

兵庫県姫路市生まれ。
京都大学在学中に公認会計士試験に合格し、あずさ監査法人に入社。主に銀行の監査に従事し、銀行の融資ルールを実地で学ぶ。
その後起業し、その経験・ノウハウと公認会計士・税理士というノウハウで、飲食業に特化した「お金の専門家」として飲食店の成長をお金の面から支える株式会社ビーワンフードとベンチャー企業・中小企業の成長を税務面から支える「財務に強い」税理士法人ミライト・パートナーズを経営。
自らも飲食店を経営した経験があり、現場目線でのわかりやすい解説にも定評がある。
また、飲食店経営者・店長向けに「資金調達力アップ」「銀行融資のルール」「店長の数字力アップ」などのセミナー・研修を多く実施している。

著者紹介

連載飲食店の多店舗経営を成功させる資金調達のノウハウ

本連載は、2015年11月20日刊行の書籍『1店舗から多店舗展開 飲食店経営成功バイブル』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

1店舗から多店舗展開  飲食店経営成功バイブル

1店舗から多店舗展開  飲食店経営成功バイブル

廣瀬 好伸

合同フォレスト

10年後まで生き残れる飲食店は、わずか1割!生き残るためには何が必要か。 ・いつも金策に走り回っている! ・売上はソコソコなのにお金が貯まらない! ・銀行の融資がなかなか通らない! こんな飲食店経営者に、財務と税務の…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧