(※写真はイメージです/PIXTA)

人口14億人を超える中国でいま「尋常ではない少子化」が進んでいると、東洋証券上海駐在員事務所の奥山要一郎所長はいいます。こうした背景にはどのような要因があるのか、奥山氏が現地の声を交えて解説します。

中国の「不婚化」事情

最後に不婚化(未婚者の増加)。中国の22年の婚姻数は683万3,000組で、前年から10.5%減少した。直近ピークだった13年の1346万9,000組からほぼ半減している。

 

結婚の動機や意欲の減退も気になるところ。両親や周りの大人が、子育てやマンション購入(多額のローン返済)、果ては不仲や離婚などで苦労している姿を見て、将来の結婚生活に大きな期待を持てない人も増えているそう。

 

「異性の友人と老いるまで一緒に仲良く暮らせればそれでOK」と言う人すらいた。まぁ、そんなものなのだろうか。

 

何事も「チャイナスピード」で急激に変化する中国。この流れは簡単には止められないだろう。

 

中国の22年末時点の総人口は14億1,175万人で、前年比85万人減。実に61年ぶりの前年割れだった。このニュースを見た私の感想は「……でしょうね」という程度。

 

ここまで来たら「順其自然」。いちいち驚かず、成り行きに任せて現実を受け止めていこう……。

 

 

奥山 要一郎

東洋証券株式会社

上海駐在員事務所 所長

資産を「守る」「増やす」「次世代に引き継ぐ」
ために必要な「学び」をご提供 >>カメハメハ倶楽部

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    【免責事項等】
    ※本記事は、東洋証券株式会社の中国株コラムから転載したものです。
    この資料は、東洋証券株式会社が信頼できると思われる各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。また、この資料に記載された情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。また、将来の運用成果等を保証するものでもありません。この資料に記載された意見や予測は、資料作成時点のものであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
    この資料に基づき投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、東洋証券株式会社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなされるようお願い致します。
    この資料の著作権は東洋証券株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願い致します。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ