(※写真はイメージです/PIXTA)

老後のお金に不安を抱いている人も多いでしょう。「50歳から準備しようと思っても、もう遅いよ」と感じている人はいませんか。50歳からお金のことを考えても遅いということは決してありません。本連載では、経済コラムニストとして活躍する大江英樹氏の著書『50歳からやってはいけないお金のこと』から、老後のお金の知識について、一部抜粋してご紹介します。

働いて得る収入に年金が加わる

さらに、働いて得る報酬だけではなく、これに年金受給が加わります。2023年度のモデル年金支給額で見ると、夫が40年間厚生年金に加入し、妻がその間専業主婦だった場合で約22.4万円です。

 

もし70歳まで働いて年金受給開始を繰り下げすれば、70歳からの支給額は約31万円となります。 この金額が年金として死ぬまで受け取れますから、日常生活に関してはほぼ問題はないと考えていいのではないでしょうか。

 

実際に私は70歳まで年金は全く受け取っていませんでした。ただ、自営業なので自分で自分に給料を払っていたのですが、その金額は月額24万円、年金よりも1万~2万円程度多いぐらいの金額にしていました。

 

定年退職してからの10年間はほぼ22万~23万円ぐらいで普通に生活できています。したがって、過剰な不安を持つ必要はないと思います。

資産形成を50歳から始めるのは決して遅くない

もちろん、ここで出ている数字はいずれも平均値に過ぎませんから、実際にはその人の生活ぶりや働き方によって変わります。一様に決めつけることはできません。それに、リタイアした後は旅行に行ったり、趣味を楽しんだりするための費用もあった方がいいでしょう。それらを全て年金だけでまかなうのはちょっと難しいと思います。したがって、それなりに自分で資産形成をしておくことも必要なことではあります。

 

高齢化が進む現代においては、その対応策として、就労機会の拡大だけではなく、資産形成においても比較的年齢が高い人でも活用できる制度が整備されつつあります。

 

とはいえ、若い頃に比べると働ける期間自体が短いことは事実ですから、あまりリスクの高すぎる資産運用はしない方がいいでしょう。まずは50歳からでも資産形成を始めるのに決して遅くない方法があるということを知っておいてください。

 

 

大江 英樹

株式会社オフィス・リベルタス

取締役

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    50歳からやってはいけないお金のこと

    50歳からやってはいけないお金のこと

    大江 英樹

    PHPビジネス新書

    「老後2000万円問題」や「年金崩壊」などという話を耳にして、老後のためのお金の心配をしている人は多いだろう。 しかし、そもそも、将来もらえる年金の額や、月々の生活にかかっている支出の額を、あなたはきちんと把握し…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ