(※写真はイメージです/PIXTA)

金利とはなんでしょうか? 説明がなくとも「それぐらいはわかっている」という人が多いと思いますが、金利の意味とその仕組みをきちんと理解していない人は意外と少なくありません。その本質を正しく理解していなければ金利の支払いで失敗することも……。本連載では、経済コラムニストとして活躍する大江英樹氏の著書『50歳からやってはいけないお金のこと』から、借金をする際の金利について、一部抜粋してご紹介します。

借金をすることで払う「金利」は非常に無駄な支出

人生の無駄な支出で最も大きなものは不要な保険ですが、次に無駄なものは金利です。

 

今はほとんどゼロ金利の時代ですが、ここで話題にする無駄な金利というのは、言うまでもなく、受け取る金利ではなく、自分が支払う金利のことです。場合によっては非常に無駄なお金を使ってしまいかねないのがローン、リボ払いといった借金をすることで払う金利なのです。

 

具体的にどれぐらい無駄になるのかを考える前に、そもそも金利というのはどういう意味を持っているのかについて考えてみましょう。

金利とは「お金の使用料」

今さら「金利とは何か?」 などと説明を受けなくても、それぐらいはわかっている、という人が多いと思いますが、金利の意味とその仕組みをきちんと理解していない人は意外と多くいます。その本質を正しく理解していないと金利の支払いで失敗することも多いので、すごく基本的なことからお話ししていきたいと思います。

 

金利とは何か?ということをひと言で言えば、「お金の使用料」です。

 

本来お金というものは、自分が持っていて、そのお金でモノやサービスを購入するわけですが、今お金がなくてもそれらの物を手に入れたければ、お金をどこからか借りてきて購入するしかありません。つまり、人のお金を使わせてもらうことになります。その使用料が金利です。

 

もちろん、借りなくても時間をかけてお金を貯めてから購入するということもできますが、一刻も早く手に入れたいのであれば、お金を借りるしか方法がありません。別な言い方をすると、「お金を貯める時間」を買うのがお金を借りるということですから、その時間の対価が金利であると言ってもいいかもしれません。

その借金が有益かどうかを見極める判断基準

一般的に経済行為をやるべきかどうかの判断には大原則があります。それは費用を上回る利益があるかどうかということです。お金を借りる場合、金利はその費用です。つまり、金利という費用を上回る利益があるのならお金を借りる意味はありますが、そうでなければお金を借りて金利を払う意味はありません。

 

具体的に考えてみましょう。企業の場合がわかりやすいでしょう。ある企業が新しい事業を始めるとします。その事業で見込める利益率は10%だとします。すると、自己資金が1,000万円あって、そのお金を事業に投資するとすれば、100万円の利益が得られます。

 

一方、その企業が銀行から1億円のお金を借りてその事業に投入したらどうなるでしょう。その場合のお金の使用料(=借入金利)が5%だとすると、金利(費用)は1億円の5%で500万円です。

 

でも、利益率が10%ですから、1億円を投入すれば1,000万円の利益が出ます。金利の500万円を差し引いても利益が500万円出ますから、自己資金だけで事業を始めた場合に比べ、5倍の利益が得られるということになります。

 

注目のセミナー情報

【教育】6月23日(日)開催
医学部合格率75%!
“指名の絶えない実力派講師”が明かす
「偏差値50未満から1年で医学部合格」を実現した最強メソッド

 

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

次ページ個人の場合、借金は不要?
50歳からやってはいけないお金のこと

50歳からやってはいけないお金のこと

大江 英樹

PHPビジネス新書

「老後2000万円問題」や「年金崩壊」などという話を耳にして、老後のためのお金の心配をしている人は多いだろう。 しかし、そもそも、将来もらえる年金の額や、月々の生活にかかっている支出の額を、あなたはきちんと把握し…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧