総務省と経済産業省による『経済センサス活動調査』によると、日本には367万もの会社があり日本標準産業分類で大きく20の業種に区分されます。業界ごとに、取り巻く環境はさまざま。それぞれの業界のトップ企業と、給与事情についてみていきましょう。今回、焦点を当てるのは「携帯電話キャリア」。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイル…4社の平均給与

総務省によると、22年12月末時点の携帯電話の契約数は2億774万契約に上ります。国内に存在する移動体通信事業者(MNO)4社のシェアはNTTドコモが36.1%、KDDIが27.0%、ソフトバンクが20.9%、楽天モバイルが2.2%となっています。

 

市場シェアの残り13.8%を占めるのは、上記MNOの通信インフラを利用してサービスを提供する、MVNO(仮想移動体通信事業者)事業者。MVNOが提供する所謂「格安スマホ」の市場は着実に拡大しており、12年度に251億円だった売上高は、21年度には1,439億円となっています。

 

今回は、MNO事業者4社にフォーカスします。まずは、4社の売上高をみていきましょう。

 

【携帯電話キャリア4社・売上高】

1位「NTTドコモ」5兆8,702億円
※第37期有価証券報告書

 

2位「ソフトバンク」5兆6,906億円
※第36期有価証券報告書

 

3位「KDDI」5兆4,467億円
※第38期有価証券報告書

 

4位「楽天モバイル」3,686億円
※第26期有価証券報告書

 

上位3社の売上高は5兆円台でほぼ横並びでした。一方、新興の楽天モバイルの売上高は3,000億円台と小ぶりですが、通信料金を1年間無料にするキャンペーンが22年7月に終了したことに伴ってユーザーが通信料金の支払いを開始したため、売上収益が前期比62.0%増となり、急拡大を果たしています。

 

次に、有価証券報告書から、各社の平均給与をチェックしてみましょう。トップは売上でも1位のNTTドコモで952万円。2位は僅差でKDDIでした。

 

■NTTグループ

952万4,414円

(従業員:2,486人、平均年齢:41.8歳、平均勤続年数:16.7年)

 

■KDDI

945万4,416円

(従業員:10,455人、平均年齢:42.5歳、平均勤続年数:17年2ヵ月)

 

■ソフトバンク

808万4,000円

(従業員:18,929人、平均年齢:40.5歳、平均勤続年数:13.1年)

 

■楽天モバイル

797万761円

(従業員:8,409人、平均年齢:34.4歳、平均勤続年数:4.7年)

 

 

【12月7日(木)セミナー開催!】

フルローン×利回り7%超
リスク徹底排除で〈高利回り&安心経営〉を実現
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌
≫≫≫

次ページ規模にかかわらず給与水準の高い情報通信業界

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ