「40歳・メタボ」だと薬代だけで「100~200万円の損」…放置すれば最悪「医療費2.5倍」…数々のデータが示す戦慄の事実【経済ジャーナリストの警告】

「40歳・メタボ」だと薬代だけで「100~200万円の損」…放置すれば最悪「医療費2.5倍」…数々のデータが示す戦慄の事実【経済ジャーナリストの警告】
(※写真はイメージです/PIXTA)

メタボは確実に体に負担をかけ、寿命を縮めます。今メタボの人が痩せることで得られるメリットは、お金に見積もったらいくらになるのでしょうか。医師から「5キロ痩せたら1年寿命が延びる」といわれて生活習慣の改善に取り組んだ経験をもつ経済ジャーナリストの荻原博子氏が、著書『5キロ痩せたら100万円 「健康」は最高の節約』(PHP研究所)より、医療費や保険料等の経済的な観点から実感を込めて解説します。

メタボより怖い「糖尿病」

メタボは、非メタボより医療費がかかりますが、さらに深刻な事実をお伝えしましょう。

 

メタボを放置すると発症しがちな「糖尿病」のリスクです。

 

医療経済研究機構の「政府管掌健康保険における医療費等に関する調査研究報告書・平成16年度」によれば、糖尿病患者1人当たりの平均的な医療費は年間24万7,000円とのこと。本人負担が3割のケースだと年間7万4,100円です。

 

ただしこれは糖尿病になると平均的にかかる医療費であり、糖尿病が本当に怖いのは、この病気が様々な合併症を併発し、そのたびに医療費の負担が増えていくことです。

「糖尿病+合併症4つ」で医療費は2.5倍に!?

糖尿病の3大合併症は、神経障害、網膜症、腎症です。

 

神経障害は、主に末梢神経と呼ばれている足の指など、体の末端に張り巡らされた神経で起きる障害で、足の裏がビリビリしたり、本来なら感じるはずの足の傷の痛みを感じなかったり、立ち上がった時にふらついたりするほか、自律神経の乱れから便秘になったりといった症状も起きます。

 

神経障害から血流障害がひどくなると、足が壊疽(えそ)して切断しなくてはならないケースも出てくるようです。

 

網膜症では、視力が低下したり、白内障、緑内障、角膜の炎症などを引き起こす可能性があります。ひどいケースだと眼底出血や網膜剥離が起こり、失明することも。

 

こうした状況が5〜10年続くと腎症を発症します。これは「肝臓の障害」です。むくみや倦怠感、尿量の低下などが起こり、症状がさらに悪化すると人工透析が必要になる可能性もあります。

 

さらに、動脈硬化による脳梗塞や虚血性心疾患などを併発する可能性があります。

 

前述の医療経済研究機構によれば、糖尿病で合併症を発症した場合の1人当たりの年間の医療費(レセプトの点数・2003年)も明らかになっています([図表1])。

 

[図表1]糖尿病患者の医療費は、合併症の数が増えるほど高くなる

 

これによると、合併症が1つなら、合併症がない場合に比べて医療費は1.2倍。合併症が2つなら約1.8倍、合併症が3つなら約2倍、合併症が4つ重なると、なんと約2.5倍の費用がかかるとのことです。

次ページ体重が重いほど、医療費はアップ

あなたにオススメのセミナー

    5キロ痩せたら100万円 「健康」は最高の節約

    5キロ痩せたら100万円 「健康」は最高の節約

    荻原 博子

    PHP研究所

    老後不安の9割は、医療費と介護費用! 体重減らして、貯金を増やす「荻原式・節約術」  突然、著者を激痛が襲う。原因は「肥満」と勤続疲労による坐骨神経痛。不健康な食生活の改善に努めるも、治療にかかる通院費用や薬…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ