(※画像はイメージです/PIXTA)

足元の米ドル/円相場は、植田新総裁が初めて出席した4月28日(日)の日銀金融政策決定会合を受けて、大幅な円安が進みました。この動きは5月も継続し、昨年のような「1ドル140円台」で推移する円安相場が再来するのか、それとも、この流れは一時的な「行き過ぎ」なのか……マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏が、さまざまなデータを紐解きながら予想します。

「5月のFX投資戦略」のポイント

〈ポイント〉

・4月は米ドル反発、とくに28日の日銀会合後は米ドル高・円安が急加速。ただ米金利からのかい離など、米ドル高・円安には「行き過ぎ」懸念あり

・5月FOMC控え、米金利はテクニカルに見るとトレンド転換巡る重要な攻防が続いている

・以上踏まえ、5月米ドル/円の予想レンジは132~139円中心で想定

4月の振り返り=日銀会合後の円安は「行き過ぎ」!?

4月の米ドル/円は、植田新総裁が初めて出席した4月28日の日銀金融政策決定会合で金融緩和の継続が決定されたことをきっかけに、大幅な米ドル高・円安となり、3月に記録した年初来の米ドル高値、円安値に一気に迫るところとなりました(図表1参照)。ただこのような米ドル高・円安は、「行き過ぎ」も懸念されます。

 

出所:マネックストレーダーFX
[図表1]米ドル/円の日足チャート(2023年1月~) 出所:マネックストレーダーFX

 

4月に入ってからの米ドル/円反発は、当初は基本的に米金利反発に連れたものでした。

 

たとえば、米2年債利回りは3月に金融システム不安が拡大するなかで、一時は4%を大きく下回る動きとなりました。しかし、4月に入ると4%以上に反発するところとなり、米ドル/円もそれに連れて反発したと考えられます。

 

ところが、28日の日銀会合後に米ドル高・円安が加速した動きは、米金利から大きくかい離したものでした(図表2参照)。

 

出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成
[図表2]米ドル/円と米2年債利回り(2023年3月~) 出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成

 

また、日銀会合後の大幅な米ドル高・円安により、足元で133.8円程度の120日MA(移動平均線)を大きく上回りました(図表3参照)。

 

出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成
[図表3]米ドル/円と120日MA(2021年1月~) 出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成

 

米ドル/円は、1月にかけて130円以下に急落したところで120日MAを大きく割り込んだことから、経験的には米ドル安・円高へトレンド転換した可能性が高いと考えられます。そうであれば、トレンドと逆行する上昇はあくまで一時的であり、経験的には最大でも120日MAを大きく超えない程度にとどまる可能性が高いと言えます。

 

その意味では、日銀会合後の120日MAを超えた米ドル高・円安には自ずと限度があるのではないでしょうか。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

次ページ一時的だとは思うが…1ドル140円に迫る可能性も

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ