GW前の米ドル/円は「日銀相場」に要注意…元学者の植田新総裁は「改革」に踏み切れるのか【国際金融アナリストが解説】

4月25日~5月1日の「FX投資戦略ポイント」

GW前の米ドル/円は「日銀相場」に要注意…元学者の植田新総裁は「改革」に踏み切れるのか【国際金融アナリストが解説】
(※画像はイメージです/PIXTA)

ここ最近の米ドル/円相場は、米経済指標の結果に一喜一憂する方向感のない展開でした。そのようななか、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏は「今週は日銀相場に要注意」といいます。では、具体的にどのようなポイントに注意すべきなのか、詳しくみていきましょう。

「4月25日~5月1日のFX投資戦略」のポイント

〈ポイント〉

・先週の米ドル/円は一時135円台に乗せたものの、その後は弱い米経済指標の結果を受けて反落するなど、米経済指標の結果に一喜一憂する展開が続いた。

・今週は28日に日銀の金融政策が発表される。過去3回の日銀金融政策発表日の米ドル/円は3~7円程度に値幅が拡大するなど荒れた値動きであったため今回も要注意。

・今週の米ドル/円は132~136円中心での展開を想定。

先週の振り返り…米経済指標に一喜一憂する展開

先週の米ドル/円は、米経済指標の結果に一喜一憂するこのところの展開が続きました。

 

まず週明けは、前週末から5月FOMC(米連邦公開市場委員会)利上げ継続観測が再燃したことを手掛かりとした米ドル買いで始まりました。その後発表された米経済指標が予想より強い結果だったこともあり、米金利は上昇、たとえば米2年債利回りは4%の大台を回復すると4.25%程度まで続伸しました。

 

こういったなかで、米ドル/円も米金利上昇に連れる形で一時は135円台に乗せるところとなりました(図表1、2参照)。

 

出所:マネックストレーダーFX
[図表1]米ドル/円の日足チャート(2023年2月~) 出所:マネックストレーダーFX

 

出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成
[図表2]米ドル/円と米2年債利回り(2023年3月~) 出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成

 

ただ、20日に発表された通称「フィリー」、フィラデルフィア連銀景況指数が大きく予想を下回るなど経済指標の弱い結果がいくつか発表されると、米金利も低下に転じ、それに連れる形で米ドル/円も134円割れへ反落となりました。

 

・NY連銀製造業景気指数=予想-18.1、結果+10.8

・住宅着工件数=予想141万件、結果142万件

・フィラデルフィア連銀景況指数=予想-19.6、結果-31.3

・景気先行指数=予想-0.7%、結果-1.2%

・米総合PMI=前回52.3、今回53.5

 

3月に急浮上した金融システム不安は、4月以降はひと息ついた形となっていますが、金融機関の貸出姿勢の厳格化などによる信用収縮が米景気の減速、さらには後退をもたらすことへの懸念はなお続いており、それは今週にも持ち越されることになりそうです。

 

次ページ今週の注目点…キーワードは「日銀相場」

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ