【フィリピン】公共サービス「100%外資」可能に…外資規制緩和加速の効果は?

3月27日週「最新・フィリピン」ニュース

【フィリピン】公共サービス「100%外資」可能に…外資規制緩和加速の効果は?
写真:PIXTA

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏が、フィリピンの現況を解説するフィリピンレポート。今週は外資規制緩和の加速の話題を中心にみていきます。

フィリピン、外資規制緩和を加速

フィリピンでは、電気通信、航空、鉄道などのより多くの公共サービスにおいて完全な外国所有を認める法律が、4月4日から施行されます。

 

85年前の公共サービス法(PSA)を修正する共和国法第11647号の実施規則および規則(IRR)です。この法改正は、電気通信、国内海運、鉄道、地下鉄、航空、高速道路、有料道路、空港における完全な外国所有を事実上認めています。これらのセクターは、以前は憲法の下で、40%の外国人所有上限が適用されていました。一方で、送電および配電、上下水道、石油および石油製品のパイプラインシステム、港湾などの他の公共サービス事業は、依然40%の外資制限の対象となります。本法律改正の元で、電気通信は、国家安全保障上重要なインフラストラクチャと見なされ、外国投資の国家安全保障審査の基準を設定しています。

 

また、国家経済開発局(NEDA)は、行政機関の要求に応じて、特定の公共サービスを重要インフラと見なすことができます。関連機関の勧告により、大統領は、外国人または外国法人に支配権が付与される場合、公共サービスへの取引または投資を停止、禁止する権限を与えられます。

 

元々、この規則には、重要なインフラストラクチャへの外国投資に対する相互主義の要件が含まれていて、外国人は、自国がフィリピン国民に相互主義を認めない限り、重要インフラに分類されるサービスに従事する企業の50%以上を所有することはできませんでした。各国のソブリンウェルスファンドや年金基金などの機関投資家も、重要インフラとして分類される公共サービスの資本の最大30%をまとめて所有することができます。

 

この外資規制の緩和措置により、フィリピンはより多くの外国投資を引き付けることができ、特に海運や電気通信などの戦略的産業への投資を後押しできる可能性が高まりました。

 

一方で、実行性に関しては、行政機関がどれだけ効率的、合理的、かつ公正であるかにかかっています。今回の資本の自由化は、選択された産業に限定されているため、フィリピンが進めるインフラ開発をどれだけ促進することになるか疑問視する向きもあります。サプライチェーン全体の中には、40~60%ルールの対象となっている分野が残っている可能性があるからです。

 

ベンジャミンE.ディオクノ財務長官は、マスメディアや教育機関を例に出し、外国資本に開放できる産業は他にもまだたくさんあると述べています。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【税金】7月23日(火)開催
「富裕層を熟知した税理士」が教える
2024年最新【所得税×インフレ】対策
~今後の手残りが3割変わる!?「所得税対策」~

次ページフィリピンの国際収支…8億9,500万ドルの赤字に

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録