なぜ個人投資家は業績分析で「月次データ」を使うべきなのか?

今回は、「月次データ」が業績分析の入門編として最適な理由を見ていきます。※本連載は、証券アナリスト・有賀泰夫氏の著書『やり方さえわかれば、初心者でも株式投資で確実に勝てる』(日本食糧新聞社)の中から一部を抜粋し、株式投資で勝つための「月次データ」の活用法をご紹介します。

単なる「ギャンブル」ではない株式投資

前回は、トリドール(3397)を例にとって、月次データをフォローすることの優位性をお話ししました。十分理解されたのではないでしょうか。なぜ月次を見ていると、こうもズバッズバッと株価が当たるのかを改めて整理してみます。

 

株価は本来、業績の先行きを反映して動くものです。もちろん、短期的には需給で動きますし、中期的にも売られすぎ、買われすぎを繰り返します。そのため、いくら好業績が続いたとしても、高いところで買えば儲けることはできません。

 

根本的に業績が良くなると世の中が思えば買われ、悪くなると考えれば売られるのが原理原則です。もっとも、中には株価の動きだけを見ていて、上がりそうだから買って、下がりそうだから売るというような投資法を行っている人もいますが、ここまでの流れでわかるように、大方は損をします。そのような人々は、株式投資について価格変動をうまく乗り切れば儲かる、単なるギャンブルと考えている人々です。

 

しかし、ここまでの解説からもわかるように、そんな投資方法では滅多に儲かりません。それでも、なかなかやめられないのは、そんなやり方でもたまには儲かるからです。そんなところは、まさに他のギャンブルと同じです。

株式市場の「業績の予測手段」はたくさんあるが・・・

そのような人々はさておいて、株式市場に参加する投資家の中でより賢い投資家は、株価は業績によって動くことを理解していますので、業績を正しく予測する手段を血眼で探していますつまり、そんな業績予測手段の一つが月次データということになります。

 

もちろん、月次以外にもたくさんの業績予測手段があります。いくつか例をあげれば、鉱工業生産や各業界の市況、業界ごとの生産や在庫など無限にあります。その中で、誰もが容易に入手でき、扱い自体もそれほど難しくない月次データは、個人投資家の業績分析の入門編としては最適ではないかと思います。

 

本来、これだけぴったり当たるのはおかしいのですが、それほど重宝なものでありながら、本気で月次データを見ている人が少ないのだろうと思います。たぶん、深く考えないで、出てくる数字を眺めている人が多いのでしょう。

 

読者のみなさんも自分のことを振り返ってみてください。今回、私がお話ししたようなことを実践しているでしょうか。もし、あなたがすでに月次を利用しているようなら、株式投資でウソみたいに儲かっていると思います。やっていないようなら、おそらくそれが世間の大多数の人だと考えていいでしょう。

証券アナリスト(日本証券アナリスト協会検定会員)

埼玉大学理工学部生化学科卒業。新日本証券に入社(現みずほ証券)。クレディ・リヨネ証券、UFJキャピタルマーケッツ証券、三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券)などで、食品、飲料、卸売業のアナリストとして活躍。特に卸売業のアナリストとしては第一人者。2009年H&Lリサーチ設立。代表。現在は食品、食品卸、外食、小売り、ネット企業など幅広い銘柄をカバー。日経人気アナリストランキングで常に上位をキープし続ける。株式会社アドバンスト・リサーチ・ジャパンマネージング・ディレクター。

著者紹介

連載株式投資で勝つための「月次データ」活用法

本連載は、2016年5月10日刊行の書籍『やり方さえわかれば、初心者でも株式投資で確実に勝てる』(日本食糧新聞社)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

やり方さえわかれば、 初心者でも株式投資で確実に勝てる

やり方さえわかれば、 初心者でも株式投資で確実に勝てる

有賀 泰夫

日本食糧新聞社

投資家の多くは、株式の本質を知らないで投資し、単なるギャンブルと化していますが、株式投資はギャンブルではありません。本書は、株式投資の入門書ではありませんが、株式投資のことを知らない方でも、どうすればいいかがわ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧