(※写真はイメージです/PIXTA)

多くの人が、60代以降の老後の生活について、様々な不安を抱えています。「円安」「インフレ」が顕著な今日ではなおさらです。本記事では、60歳を前に「自主定年退職」した元・大学教授で会計学博士の榊原正幸氏が、著書『60代を自由に生きるための誰も教えてくれなかった「お金と仕事」の話』(PHPビジネス新書)から、快適な老後を迎えるための「お金」と「仕事」への向き合い方について解説します。

かつての仕事選びの常識を捨て去ろう

私は今、人生の岐路を迎えている定年前後の人にぜひ、次のことをお伝えしたいと思うのです。それは、「今までイヤな仕事で苦しい人生を送ってきたならば、せめて60代の10年は、『苦しいかもしれないけど、楽しい人生』を送ってみませんか」ということです。

 

今の仕事から逃げた先が「転職」や「再就職」ということもあるでしょう。その際に考えていただきたいのは、「どんな会社に就職するか」ではなく、「どんな生き方をしたいか」であり、「最終的にどうなりたいのか。そのための一歩として、自分はどんな道を選択するのか」です。

 

・大企業や一流企業かどうか

・給料が高いかどうか

・勤務地が地元に近いかどうか(または、都会かどうか)

・福利厚生が充実しているかどうか

 

これらはかつて、就職先を選ぶ際の重要な要素と言われたものですが、それは「自分の望む生き方」とはあまり関係のない話です。「自分はどうなりたいのか」「イヤじゃない仕事は何か」について、もっと真剣に考えてみましょう。

今、40代の人へ─「マイナーチェンジ」でイヤじゃないほうへ

さて、ここからは具体的に、年代別に「イヤじゃない仕事」に就くためのアドバイスをしてまいりたいと思います。

 

『論語』の「四十にして不惑(まどわず)」という言葉は、よく知られています。「人生、40年も過ごしてきたら、もう惑わず」ということなのですが、私自身は40歳になったときには「不惑」というにはほど遠く、まったく腹が据わっていませんでした。

 

しかし、今にして思うと、「四十にして不惑」というのは、「40歳になったら、もう大きな軌道修正はできないよ。だけど、これまでの路線を踏襲する中で、さらなる飛躍を遂げるように微調整はしていきましょうね」という意味だったのだな、と納得できます。

 

40代は自分が定めた道の中でマイナーチェンジをする最後のチャンスの時期です。

 

私自身は43歳になる少し前に、東北大学から青山学院大学に移籍しました。大学教員という枠の中でのマイナーチェンジですが、当時の大学の世界では、旧帝大から私立大学へ移籍をするのは一大決心でした。

 

でも、あのときに移っていなかったら、きっともうずっと移籍は考えなかっただろうと思いますし、最善のタイミングを逸してしまっただろうと思います。

 

青山学院大学に移籍する前に東北大学で教授に昇格していましたから、大学の世界では過分なまでの出世を遂げることができていました。

 

もちろん、私の場合は大学教員の仕事は「イヤじゃない仕事」でしたし、東北大学での就労環境はとても良好だったのですが、「大学教授以外の自分の可能性」を信じていましたので、「さらなる飛躍を!」という思いで、東京の私立大学に移籍して、「大学教授以外の自分の可能性」を試すことにしました。

 

私の場合は、それが結果として副業であるネットビジネス(株式投資に関するオンラインサロン)の運営と株式投資に関する研究へと発展していきました。

次ページ「適切なリスク」を取ってマイナーチェンジするコツ

あなたにオススメのセミナー

    60代を自由に生きるための誰も教えてくれなかった「お金と仕事」の話

    60代を自由に生きるための誰も教えてくれなかった「お金と仕事」の話

    榊原 正幸

    PHP研究所

    「老後の資金が足りるか心配」 「定年後もお金のためにイヤな仕事を続けなくてはならないの?」 「仕事を辞めた後、自分の居場所ってあるんだろうか……」 そんな悩みをまとめて一刀両断! 「お金の不安もなく、好きなこと…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ